FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2020年10月27日(火)
「教室日記」

来週は11月だ。
年の終わりが近づいた。

今年はコロナで始り、コロナで終わるのだろう。
来年の見通しもないに等しい。

「ウイズ コロナ」

に本当になってきた。



2020年10月21日(水)
「教室日記」

8月から描き始めた絵が仕上がった。
普通だと半年掛かるのに、2ケ月半は上出来。
F6号くらいの小品。

今までは画面の変化に合わせて、その都度、考えるため、やたら時間が掛かった。

今は出品目的でないため気軽だが、展覧会出品を前提にすると、画面も大きくなるし、締切りもあるので、計画性は欠かせない。
それで、今回は、計画的に描いた。

帆船で出航しても、どこに行き着くのか分からないようじゃー困るわけだ。

描き方は、人それぞれで個性が出る。
計画的に描いても、自分らしい持ち味が発揮できればいいわけなので、個性と合理性の二本立てというところ。

制作的にもメリットがあったので、以後、当分、このやり方で行こうと思う。





2020年10月14日(水)
「教室日記」

毎年、10月末に「キッズ教室展」を土日で開催しているが、今年は中止。

例年だと、キッズ展用の準備や制作に忙しい時期だが、なんとも、穏やかな日々を過ごしている。

いいのか、悪いのか。

大人教室の作品発表会も中止したため、メリハリがなく、腑抜け状態だと言う生徒さんもいる。

恐ろしいのは、来年の作品発表会では、2年分の作品が溜まっていること。

教室展示のため、展示数には限りがある。
さて、どうしたものやら。

楽あれば苦あり。

今年は、ある意味楽なので、来年はそのツケを払う年になる。

やっぱり、コロナって、いいことないなぁ~





2020年10月6日(火)
「教室日記」

教室の西側の窓は、大きく二つ開口している。

事務所仕立てのため網戸がない。
それで、コロナ騒ぎになってから換気のため、手作りで網戸を作った。

ガムテープで固定しているため、5cm幅で常に開けている。
5階なので防犯上は心配ないが、強風に弱い。

時々、壊れる。

台風が来る時は、教室が休みの日でも
チェックしに来る。
雨が吹き込んだら堪らない。

コロナ禍、知恵と忍耐で乗り切るしかないと、しみじみ思う今日この頃。





2020年10月1日(木)
「教室日記」

月末は、月謝等の入金事務作業があり、バタバタする。
そのせいか、ブログが10月になってしまった。


もう10月なんだな~

ちょっと前まで夏だった。
まだ、ムセるような暑気が漂っていたのに、最近は寒いと感じるようになった。

なんとも忙しい。

あと一ケ月経って雪が降っても不思議じゃないかも。