FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2019年11月27日(水)
「教室日記」

来週は12月だ。

今年も、やはり、あっと言う間に来た。

12月になると、なんかセワしい。
教室行事は全て終わっているのに、まだ、個人的な今年のノルマが終わっていないので、追い込みを掛けられている心境。

除夜の鐘がなるまで続きそうだ。





2019年11月19日(火)
「教室日記」

数えてみたら、昨年2月から今日までの入会者で、デッサン受講者が31人に上った。

全体のデッサン受講者が42人なので、急激に増えたことになる。
ほとんどデッサン教室状態だ。

デッサンはリアル系の最たるものなので、リアルにものを描きたいという初心者の願望の現れだろうか。


デッサンは、たかがデッサンというところがある。

やはり、作品制作の面白さ、奥の深さはデッサンの比ではない。

しかし、そういうことも、デッサンを始めたばかりの人には、当分分からないことだろうから、作品制作予備群として、今後も増加の一途をたどりそうだ。



2019年11月12日(火)
「教室日記」

今年も早いもので、来月は12月だ。
テレビでは、クリスマスのCMが増え、年の頃が近づいたことを喧伝する。

毎年、クリスマスシーズンになると思い出すことがある。

1989年11月に参加したイベントである。
新宿丸井ファッション館(当時)の正面玄関前で、アートパフォーマンスで、絵を描いたこと。

ヨコ7m、タテ3mの巨大画面を3日間で描き上げなければならなかった。

その時に、一日中、スピーカーから流れていたのが、山下達郎の「クリスマスイブ」

当時、私は30代後半。
バブル最盛期。
巷は活気に溢れていた。

そのせいか、クリスマスが近づくと、30年も経っているのに、あの「クリスマスイブ」が頭の中で鳴り響き、懐かしい想いにふける。



2019年11月5日(火)
「教室日記」

11月2日・3日の土日に開催した「キッズ教室展」には、112人の来場者があった。

やはり、キッズ展は賑いをみせる。
お菓子やジュース類も用意するので、子供達はテーブルから動かず、口だけを動かす。

紙を貼り付けたラクバキ板には、何やら得たいの知れないラクガキあり。

親御さん、おじーちゃん、おばーちゃんは、子供や孫の絵を写真に撮ることに余念がない。

皆、それぞれに、楽しんでもらえたようだ。

ようやく、今年の全てのイベントが無事終了し、ホッとしている。
2019年10月30日(水)
「教室日記」

今週末11月2日・3日の土日開催のキッズ教室展準備に追われている。

教室の通常休みと、5週目休みがくっついたため、今週は、土曜まで休みになり、
キッズ教室展準備が遠慮なくできる。

金曜の11月1日は、11月に金曜が5回あるため、一週間後ろにズらしてお休みとした。

いつもは、お手伝いを頼むのだが、6日も休みがあるため、一人で展示作業をしている。

しかし、キッズ教室の展示は、300点以上の作品があり、会場設営から始めると、毎日のノルマを達成するまで帰れない。

これが結構、大変。

まあ、今年最後のイベントなので、頑張ろう。