FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2019年5月8日(水)
「教室日記」

小さな子供が家より人を大きく描いたら、必ず親は大きさを正す。
子供は印象で描いているので、そのメッセージを組み取ってあげるほうが正解。
正すべからず。





2019年4月30日(火)
「教室日記」

デッサンは、カタチをよく見て描けと習う。
昔からの言い方だ。
しかし、この言い方は適切ではない。

デッサンは脳で描く。
脳がカタチを勘違いすると、よく見ても間違って描く。

したがって、デッサンのカタチに関しては、カタチを修正し、修正して、脳にカタチを覚え込ませる必要がある。





2019年4月25日(木)
「教室日記」

世の中に、才能のある人は少なくない。
しかし、様々な条件下でフルイにかかり、埋もれていく。

生き残った僅かな人数を世間は数えるため、才能のある人は稀だとする通説が、生まれる。
2019年4月2日(火)
「教室日記」

個展のオーブニングパーティーに全然関係ない人が紛れ込むことがある。
さらに、二次会の居酒屋に付いて来て、勘定の時にいなくなる。
2019年3月26日(火)
「教室日記」

キッズ教室は、現在、募集していない。
どの曜日も満員。
体験希望者は空き待ちになる。
空き待ちが8人になったことがあるが、空きが出た時に連絡したら、待っていたのは、8番目の人だけだった。