FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2016・9・20(火)
鈴木まゆ・貝(縮小)
会員 鈴木まゆ 鉛筆デッサン

「教室日記」
(作者作品紹介)

  作者作品紹介5人目は、鈴木まゆさんの鉛筆デッサンである。 

教室在籍は、4年半になる。 大学生で入会してきた。 
  目が大きくクリッとしていて、小柄で可愛い子である。 
まゆさんの悪口を言う人はいないだろうと思われるほど、性格的に人に好かれる。

  また、本人から人の悪口を聞いたことがない。
ただ、一度だけ言ったのは、弟の悪口だった。

「もー、生意気で・・・」


  まゆさんは、初心者で入会し、水彩画を描いていた。 2年くらい描いただろうか。
  それから、デッサンに移り、ボトルを3本、貝を二つ描いて、今は三つ目の貝を描いている。


  今回ご紹介のデッサンは、二つ目の貝で、教室では 「ホラ貝」 と呼んでいるもの。
それまで左右対称のものを描いてきた人が、 「ホラ貝」 で初めて、左右不対称のものを描く。
 
  戸惑うワケだ。

また、ツルリとした部分とゴツゴツした部分があり、それの描き分けが描く者を悩ます。
  ご紹介のデッサンは、今年の会員展出品作品であるが、ご覧の通り、しっかりと、またどっしりと描かれている。

  ボトルの3本目もやはり、どっしりと描かれていて、今年の会員展のデッサン展示壁で、存在をアピールしていたので、この際、下にご紹介しよう。 


鈴木まゆ・ボトル(縮小)


  さて、まゆさんが、今、描いている三つ目の貝をクリアすると、最後の課題である 「水差しと布」 を描き、それをクリアして基礎デッサンコースの単品描きが終了する。
  その次が、いよいよデッサンコースで、石膏デッサンになる。

実は、まゆさんは、東京オリンピックまでに、石膏デッサンに辿り着きたいと言っていた。
  冗談とも本気とも取れる、いかにも、まゆさんらしいコメントだった。

その頃は、ボトルを描き始めたばかりだったので、案外、本気だったかもしれないが、その後、メキメキと腕を上げたので、あと一年掛からない内に、石膏デッサンまで行きそうだ。

  予定より2年くらい早いんじゃないかな。

そうなると、

まゆちゃん!

  東京オリンピックをやる頃には、デッサンコース自体を終了してるんじゃないの。

案外!



スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/989-8c9a550f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)