FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2016・5・31(火)
「教室日記」
(会員展報告)

  先週28日土曜日と29日日曜日に、教室にて2016年大人教室の「会員展」を開催した。

  わが教室のもっとも重要なイベントである。 
両日とも、午前10時~午後5時まで開場。 

  今年は、出品者41名、作品73点であった。 


出品は、教室制作に限らず、自宅で描いたもの、過去に描いたものなど、本人が制作したものならば、ジャンルに拘らず、出品できる。 
  そのため、粘土で作ったもの、割り箸細工、木工細工、ボールペン画など面白い作品が集まった。
  情報交換の場、刺激の場としてあるため、出品ジャンルフリーとしている。 


初日の土曜日には、午後6時からオープニングパーテイーがある。 
  今年は、38名が参加。 

午後6時開始が15分ズレ込み、田屋の講評も15分開始を遅らせた。
  途中休憩を挟みながら、珍しく1時間15分で終了させた。 
全作品を講評するため、毎年長くなってしまうので、今年は少し縮めようと思った。

  中学生2年の T ちゃんと、高校1年の M ちゃんは、出品していないが、今回、この講評を聞きに来た。  

  二人とも教室ではデッサンを学んでいるが、大人教室のレベルの高さに驚いていた。
  大人教室には、展覧会入選者が何人もいるし、セミプロクラスの腕前の者も少なくない。
  いい刺激になったようである。 

面白いもので、キッズ教室上がりのOB、OGには、美術系学校に進学し、美術系に就職している者がいる。 
  今のキッズ教室にも、すでに美術系に進むと言っている子もいる。
そう考えると、美術系に進む子は、キッズ教室からすでに出発しているのかもしれない。
  
  そう言えば、T ちゃんも、美術系進学を意識していたし、M ちゃんも高校進学を契機に辞めるのかと思っていたが、相変わらず、教室でデッサンをしている。 
  もしかしたら、その方面に進むことを考えているのかもしれない。 
二人ともキッズ教室上がりだ。


  出品作品のレベルは、年々上昇傾向にあるが、今年は特に高く、入場者を驚かせた。
 

今回、投票を部門分けした。 
  昨年は、全作品を対象に、二点までの投票だったが、デッサンや鉛筆画などのモノクロ作品は、水彩画、油彩画等のカラー作品と比べて、得票数が落ちる。 
  そのため、水彩画等のカラー作品を一般部門とし、モノクロ部門を増設した。

また、フレンドシップ賞は、作品に対する賞であり、言わば作品賞であるが、新たに作家賞を設けた。
  作家賞は、複数出品した出品者の総得票数が一番多い人に贈るもの。 
人々の支持を多く集めた作者を讃えるものである。

  来年は、投票枠の拡大も思案中。 つまり、モノクロ部門から2人、一般部門から3人とか。 
  今年は、特に、ほとんどの人の投票を迷っている姿が目立った。 
枠を広げれば、それだけ迷いも少なくなり、また、他の作品のチャンスも広がる。


  さて、注目の今年のフレンドシップ賞の一般部門には、昨年に引き続き、水彩画の M さんが選ばれ、作家賞は、ベテランの K さんが選ばれた。
  モノクロ部門では、初出品で、ボールペン画という珍しい描き方をした S さんが、フレンドシップ賞と作家賞をダブル受賞した。 

 
  これらについては、6月後半から開始する作者作品紹介で、いずれまた、ご紹介しよう。



スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/976-b69fbeaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)