fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

 <教室日記>2016・4・19(火)
「教室日記」


  最近の出来事として、大量の画集をもらった。
日本画、洋画など、すでに他界している日本人の作家の画集を40冊以上寄贈された。

  ついでに、北斎の「富嶽36景」の版画集が付いていた。 もちろん、模写だが、昭和の摺師が実際に刷り上げたもの。 それが、一つ一つ綴じ込まれ、大仰な体裁で包装されている。
  ただ、品物は良く、摺師の技に、ただ、ただ、感嘆。
   

19世紀のパリの画家達が驚嘆し、こぞって集めたらしいが、確かに、驚くべき表現であり、技である。 


  なんでもそうだが、現物に触れることが大事。
画集は、その人の個性、アイデアを知るにはいいが、説得力はない。 
  やはり、実物から生で伝わってくる衝撃には、敵わない。


そう言えば、20代の頃、上野でゴッホ展が開催され、見に行った。
  警戒が厳重な上に、ものすごい行列で、赤いヒモ縄が絵の前1.5mくらいの所に張られており、それ以上中に入ってはいけない。 
  近くで眺めることができないわけだ。 

その上、立ち止まってはいけない。 ドンドン前進しなければならない。 
  
  ゴッホと言えば、「ひまわり」

私もそれを見に行ったのだが、その「ひまわり」の所だけ大渋滞する。 そこだけ、見学者の歩調がゆっくりになるので、二重、三重になってしまう。 

  私も人の肩越しから見る羽目に。 


結局、「ひまわり」の半分を見ただけ。 あとの半分は、前の人の頭だった。

  自宅に帰り、オヤジである映周先生に聞かれた。



「ゴッホ展は、どうだった?」


「そうねエーーーー   左巻きの頭だったよ」





スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/970-9a712916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)