fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

道具について <高齢者のための絵画指導・入門編>

    絵手紙で必要なのは、ハガキ、絵具、筆、筆洗い、パレットです。水彩画は、ハガキの代わりにスケッチブックです、あとは、同じです。  


      わが教室では、絵手紙の絵具は、顔彩ではなく、30色の透明水彩絵具を使っています。顔彩は、旅行など、旅先では便利ですが、水彩絵具の方が、数段色数が豊富ですし、絵画教室風絵手紙の見地から、これにしてます。  ただ、顔彩を持っている方は、わざわざ、購入することは、ありません。  


      絵手紙には、色々な流派があり、描き方などに、特徴を盛り込んでいるようですが、正統派などは、存在しないと、私は考えています。   各々が、正統派を主張しているだけで、歴史的に見て、根拠はないとの考え方から、わが教室は、わが教室としての絵手紙を主張してます。したがって、普段の制作は、透明水彩絵具を使います。  


      そして、ハガキ。ハガキは、初心者に扱い易くて、比較的安価な、100枚入りの徳用画仙はがき(700円程度)が、描きやすいです。  


      筆は、これは、好みで、水墨画をやっていた人が、そのまま、絵手紙でも、使用していることがあります。 要は、自分にとって、使いやすい方が、いいということです。私は、一般水彩筆より、デザイン筆の方が使いやすいので、専ら、これ、専門です。 


     筆の種類は、線引き用、短い面相筆の小(輪郭を描く、250円ぐらい)、と彩色筆(面塗り用、600円~750円ぐらい)の中と大を用意すれば、いいでしょう。(水彩画は、広い画面を塗りますので、丸筆も、画面に合わせて、もっと 大きくなり、幅広の平筆も必要です。) 


      筆洗いは、携帯用の小さいので、十分です。紙コップ二個でも用は足ります。あとスポイトがあると、便利です。  


      パレットは、18色くらいで、十分です。人によっては、パレットの小さく区切られた、マスのなかに、よく使う絵具を少しずつ、ズラリ並べて、顔彩のようにして、使う人がいます。  パレットの広く平らのところで、混色し、洗うときは、そこだけ、洗って、閉じてしまう。  絵手紙は、あまり絵具を使いませんので、この方法は、結構いけるかもです。  


      さて、水彩画を希望する方の道具が、絵手紙と違うのは、筆洗いの大きさと、スケッチブックです。スケッチブックは、ピンキリなので、F6~F8ぐらいが、描きやすいでしょう。  


      水彩専門紙で、中目ぐらい、1500円~2000円が、最初は適当です。水彩専門紙は、紙が厚いです。それは、覚えときましょう。   


      水彩は、紙が命となります。紙次第といっても、過言ではありません。やたら、高いのを、買う必要はありませんが(買っても、使いこなせない)、安すぎるのは、避けましょう。小学生が使うような、薄く安価なものだけは、買わないように。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/97-18df4e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)