FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2016・4・12(火)
「教室日記」


  「天才」という言葉には、やたらそこらにいないという意味合いがある。

そこら辺にいないから、天才なんだという定義があるみたいだ。

  はたして、そうだろうか?

私は、過去に天才と思える人に何人か会ったことがある。 もちろん、絵の話。
  「思える人」という表現がミソで、天才かもしれない人という意味である。

つまり、天才の卵と言えなくもない。 私が会っただけでも4~5人いただろうか。
  では、どうして、そんなにたくさんいるなら、世に出ないのだろうか、と、疑問に思われることだろう。

  これには理由があり、世間で思っているより天才の数は多いが、世に出るためには、ある条件をクリアしないとならない。 
  その条件を満たすのが意外と難しく、そのため、世の中が天才で溢れないというわけ。
このことは、世界的に見ても言えることだと思う。

  では、天才の進出を阻む条件とは何だろうか?

二つあり、まず、本人の自覚である。 本人が天才を自覚していないと始まらない。
  優れた才能に周りが騒ぎ出すということも考えられるが、それは、天才として、ある程度熟した場合で、卵の段階では、中々分かりづらい

  子供の場合だと、本人が全く頓着しない。 まして、私が親に言ったとしても、親が理解できない。 
  親が理解できるのは、技術面が優れている場合だが、才能は、感覚的な面の場合がほとんどなので、親の理解を超える。 したがって、世に出ない。

  第二に、自覚したとして、さて、それからどうするか?


この場合の自覚とは、天才を自称しているので、はなはだ、あやふやな事態が待ち受ける。
  つまり、天才を証明しなければならないが、いかんせん卵なので、絵にそこまでの説得力がない。 
  本人が、

「オレは、天才だ!」

  と、言っているレベルなので、人に相手にされない。 
そのため、本人は証明しようと頑張るわけだが、絵の世界も甘くない。 時間が掛かる。
  どれほどの時間が掛かるのかは、全く分からない。 
その間、どこまで頑張れるのか。 

  この頑張りが難しい。 

4年~5年の辛抱では足りないだろう。 10年、20年の単位になることもある。
  その間、自信を失いそうになることもあるだろう。 たとえ、理解者がいたとしても、実際上、孤立無援の状態が続く。 

  ここで、ほとんどがフルイに掛かり脱落していく。 したがって、世に出ない。


辛抱、忍耐、努力、運。

  
  これが、世に出る天才の条件である。


何やら、世の成功者の条件と一致する。

  つまり、才能があってもなくても、普通の運と頑張りがあれば、何とかなるという話になりそうだ。
  
  
  したがって、むやみに、才能のないことを嘆くなかれ。 

前向きの努力こそ、才能と同じ価値がある。




  
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/969-b795661a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)