FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2016・4・5(火)
「教室日記」

  桜咲く。

今年も桜が咲いた。 自宅マンションの庭の向こう側に小さな公園があり、6本の桜の木が植わっている。

  まこと都合よく、我が家の真正面。 
自宅に居ながらお花見ができる。

  今年の桜の開花は早く、3月下旬には関東地方で開花宣言が出た。

ところが、寒が戻り、桜の咲きがイマイチ。

  3月27日の日曜日に都内に行く機会があり、千駄ヶ谷駅から歩いて5分ほどの鳩の森神社に寄った。 
  ここは、しだれ桜が有名だが、チョボチョボのしだれ桜を見る羽目に。 なんともはや。 



桜は、空に向かって咲くイメージだろう。 パーとして華やか。
  しかし、しだれ桜は、雨のように下に向かって咲く。 
華麗にして優雅。 哀愁さえ感じる。 
  
  と、そういう気持ちになる予定は、思いっきり外れ、しだれ枝が寒々しく垂れ下がっていた。


  
  1960年代、国際社会において経済的利潤を追い求める日本人を、エコノミックアニマルと皮肉った御仁がいて、世界中に広まった。 
  80年代には、なんでも機械化され、無感性な日本人を茶化したアメリカ映画があった。

しかし、彼らが日本に来て、皆驚くそうだ。 

  日本人は、なんと自然を愛する国民なのだろうかと。

認識不足としか言いようがないが、ロボット扱いされた日本人ほど、自然に対して、繊細な感性を持った国民はいないだろう。
  それは、日本の国土が生み出す自然の恩恵を受けているからだろう。 
  
そして、日本人がこよなく愛する自然が、春に咲く桜の花である。

  椿、木蓮、こぶし、チューリップ、アジサイ、あさがお、ひまわり、彼岸花、コスモス等等、いずれも、桜の花ほどの人気を獲得できない。 

  しいて言えば、花ではないが、紅葉が、唯一桜といい勝負する。

それも、春と秋なので、なんとも上手くできている。 



  4月4日現在、自宅前の桜は満開。 

今年も満開の桜を拝めた。 

  メデタシ。



桜縮小



スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/968-dbc8fae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)