FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2016・3・1(火)
「教室日記」

  さて、2月16日のブログで、試作が完成したと書いたが、実はその後、直し続けていた。

  私の直しは、自慢じゃないが、完成したと思った時から始まる。
今回、直しはないだろうと楽観したが、やはり、私は私だった。 

「直しの田屋」

  と、自分で名付けた通り、直し続けるのである。


画面上の気になるところを直すのが、いわゆる直しだが、「仕上げ」の段階の直しは、終わりなき闘いといった按配になる。

  気になるところは、結構出てくる。 
もう、いいだろうと思っていると、次の日にまた、別口を見つけてしまう。 そして、次の日も、その次もと、ドンドン出てくるのだから、イヤになる。

  直しているのだから、画面は改善されているはずである。 
しかし、怖いことに、そのことが、段々、分からなくなってくる。
  前進しているのか? 後退しているのか?

今回も、そういう心理状態に突入した。 

「この絵は、仕上がらない」

  とさえ思えた。
 

それでも、画面上に違和感があれば、直すしかないが、そのうち、これ以上どうしようもないといった気持ちになってくる。 
  何か違うなと思っても、どこだか分からなければ、直しようがない。
 
そうなったら、そろそろ、ホントの終わりがやって来る。 

  お手上げである。
 
私はいつもお手上げで終了する。


  今回もそうやって仕上がった。


作品制作は、立派な格闘技。 イヤでも格闘に巻き込まれるが、困ったことに、格闘しないで、すんなり描けた絵にロクなものはない。 

  だから、絵描きはリングで格闘し、観客は椅子に座ってその格闘を見物する。
必死に闘えば、闘うほど観客は満足する。 


  描き手と、それを鑑賞する者とは、そもそも、そういう関係にあるらしい。




スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/963-a7a78010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)