FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2014・2・3(火)
写真ー2
2015「アート21新年会」

「教室日記」
(アート21新年会)

  先週の31日土曜日に、「アート21新年会」があった。 大人教室の新年会である。

  JR西船橋南口から徒歩4分の「百花亭」のテーブル席。 
西船で魚の美味しい店はと問われれば、百花亭と答える。 と、言われる店。

  毎年、ここで新年会を始めて何年か経つ。 
この日は、午後6時に土曜教室を終了とした。 いつもは、8時まで。
  授業が終了すると、受講者、教室集合組とともに、お店に向かう。 ほとんど全員だが、数人がお店に直接来た。


  昨年の新年会は、参加者30名超えた。 百花亭は、調理場、カウンター席、テーブル席がある、メインと、入り口が違う座敷のサブがある。 
  大人数の宴会用座敷なので、毎年、新年会は座敷のほう。 今年は珍しく、参加者が例年より少なく、昨年と比べたら、半分。 それで、テーブル席になった。
  テーブル席のほうが、女性は好むので、まあ、結果的には問題なかった。 

人数が多いと賑やかではあるが、皆が一緒なのは、乾杯の時だけで、あとは、バラバラ。 それぞれに島ができてしまい、生徒さん達は、
  それぞれの島で話をしている感じ。 列島化現象。 
だから、気がついてみると、数人で飲んでいるのと、たいして変わらない。 
  まあ、よくあること。 



午後6時30分。 まだ、全員そろってなかったが、乾杯。 新年会スタート!

  昨年同様、土曜キッズの小学6年のS君が、私の親戚の子ということで、参加。 私の料理を食べる。 
  今回、テーブル席のため、4人づつ横一列に並んだ。 男性は、S君入れて5人。 
女性席に男性がお邪魔している感じになった。 
  絵画教室は、キッズ教室も大人教室も圧倒的に女性が多いが、今年の新年会はちょっと少な過ぎ。

  男性よ! 来たれ!


  

二人貞子
二人サダコ



  教室スタッフは、大野まみ講師が参加。 北山助手は風邪を引いて欠席。 
また、珍しく河合君が欠席している。 
  私の高校の同級生で、教室会員でもある彼が、新年会は用事と重なり行けないと、昨年末から言っていた。
  彼は、地元代々木から遠く西船橋まで受講兼飲み会参加のためにやって来る。 西船での飲み会を楽しみにしていて、そういう集まりの参加は欠かさない。 
  のはずだったが、今年は、ハナっから欠席とぼやいていた。  
  
私は飲み会の席では、ほとんど食べないので、S君が代わりに食べるが、落ち着きのない子なので、お箸を持って、アッチコッチの席を移動していた。 
  キッズ教室の小学生が、大人の宴会に参加しているのだから、考えてみれば、オカシイ。 


  午後9時。 一次会終了。 そのまま席を縮小して二次会突入。 
百花亭の心遣いで、残った料理は二次会用に食べられるため、二次会費は、ほとんど一人1000円以下、 飲み物代だけ。 今回は、一人300円だった。

  11時。 二次会を終了。 
K君と、ラーメンZに行くことになった。 
  
  ラーメンZは、百花亭と同じ産業道路沿いにあり、百花亭から5分ほど歩いた所にある。 
  そこら辺から記憶がアヤシい。 あんかけヤキソバを注文したことを断片的には思い出すが、食べた記憶がない。 たぶん、食べてない。 
  K君が、代わりに食べたのだろう。 私は、ひたすら、生ビールだったと思う。
  
 
ラーメンZを出た後、 K君は北口へ。 
  私は、自宅目指して、歩き出した。 
 
おぼつかなくなった足元を見ながら、思った。

  今日は、転ばないぞ! 

絶対に!





スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/912-4664deb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)