FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2014・7・15(火)
佐藤・デッサン
会員 佐藤陽子 デッサン

「作品紹介-4」 
  
  
  庭のアサガオが咲いた。
今年、最初の一輪だが、赤い大きなアサガオである。 

  今年は、3月から自宅マンションの大規模補修工事があり、工事が終わった6月の初めにアサガオの種を蒔いた。 遅めの種蒔きのため、夏の間は、咲かないだろうと、諦めていたので、喜んだ。
  私は、アサガオが大好きだ。 夏にアサガオが咲いていないと、何か寂しい。 


アサガオ


マンションは、1階の庭付きの所を探した。 女房殿が植物好きなので、まあ、せめてものサービスのつもりだったが、相手は図に乗るタイプなため、鉢植えは、リビングまで進出し、葉っぱの隙間からテレビを見る始末。 
  外に出してくれと、苦情を言うと、鉢植えが可哀想だと言う。 

「何か、間違えてないか!」



  さて、作品紹介である。 作品紹介の4人目は、アサガオのように爽やかな佐藤陽子さんの足の石膏デッサン。 
  昨年の会員展では、複合デッサンを出品した。
 
デッサンコースは、単品描きの練習をする基礎デッサンコースと、構図が発生する、いわゆるデッサンコースに分かれる。 
  基礎デッサンコースは、紙の真ん中にボトルや貝を描くため、構図は発生しない。 とりあえず、紙の真ん中に、ほどよい大きさで描き入れる程度に留めている。 
  この基礎デッサンコースで、カタチについてのデッサンする目を鍛え、同時に、濃淡調整を練習する。

  基礎デッサンコースを終了すると、次が、デッサンコースである。
デッサンコースは、二つに分かれ、複合デッサンと石膏デッサンがある。 これは、本人の希望。
  複合デッサンは、ボトルや貝、布などの数を増やし、単品描きでやってきたことの集大成になる。 
  カタチについては繰り返しになるが、モチーフの数が増えると、濃淡調整は、複雑化する。 当然、構図が発生する。 

  石膏デッサンは、石膏像デッサンのことで、モチーフも大きくなるため、構図も発生するが、人体の勉強という新たな課題が増えるため、難易度がここでグーんと上がってしまう。

  佐藤さんは、基礎デッサンコースを終了した折、複合デッサンを選択し、昨年の会員展に出品した。
  その後、石膏像に興味を持ったのだろう、石膏デッサンを再選択した。 
とりあえず、最初は、足のデッサン。 今回ご紹介のデッサンである。

  描き始めは、昨年の5月中旬、描き終わりが今年の3月下旬。 10ケ月半掛かったが、月4時間作業なので、延べ時間で21時間。 延べ時間で考えると、まあ、そんなものだろう。 
  だが、この21時間は、佐藤さんにとって試練の21時間になった。



足の石膏は、結構大足で、実際の大きさより少し大きいような気がする。 これが、もし、実寸だと身長は、2メートルは超えそうだ。 

  とにかく大きい。 
それに、いかにも背の高い人種の足らしく、ヒョロ長い。 団子のような親指からヒョロ長い足を経て、ふくらはぎに至るまでの角度が、これまた微妙。 それに、透視が掛かっている。

  この足の石膏デッサンを描く人は、まず、この妙に長い足と、角度と、透視に惑わされる。 
  今まで、ボトルとか貝とか、それほど、複雑なカタチがないものを描いてきたので、「なんだこりゃ!」 ということになる。 
  佐藤さんも、「なんだこりゃ!」 と、思ったことだろう。

輪郭線を直しては描き、直しては描き、描き直しが続いた。 そして、いつも同じことを言った。

「先生! 分からなくなりました」 

  デッサンのツラいところは、こういう新たなカタチを、覚え込まなければならないところにある。
  デッサンは、頭の中の情報で描く。 カタチについては、常に、そういうことが言える。  だから、頭の中の情報が更新されるまで、つまり、覚え込むまで、カタチは、妙なカタチになってしまう。 脳が、新しいカタチを認識できないからである。

  佐藤さんは、この認識に時間が掛かった。 今まで経験したことのない角度、曲線に惑わされ続けた。
  しかし、それも何とかクリアすると、今度は、また、新たな試練が待ち受けていた。 濃淡調整である。 

  石膏は、白いので、真っ黒に描き込むわけにはいかない。 実際、真っ黒い箇所はない。 全ての影が曖昧に全体に広がっている。 微妙なのである。 それを、調整しつつ、立体感を出さねばならない。 
  十分過ぎる試練であった。

しかし、何事にも終わりはある。 
  2014年、3月27日木曜、この長く続いた試練が終わった。 定着液のスプレーを画面にかけながら、佐藤さんは、さぞ、ホッとしたことだろう。 

「やっと、終わった!」 

  お祝いしたい気分だったかもしれない。


 

今、佐藤さんは、石膏像のアグリッパを描き始めた。 
  「足」より数段レベルが上がっている。 というより、石膏像の始まりであるアグリッパに、今までどれだけの人が悩まされてきたことか、数え切れない。
  ここで、人体を描くという難題に初めて出会う。 

最初に、石膏像を佐藤さんの前に置いた時、苦味潰したようなアグリッパの口元が、かすかにニヤリ、 そして、こう言ったような気がした。


「長いお付き合いになるので、よろしく!」




スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/886-50b70441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)