FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2013・11・5(火)
一戸正子・インスタレーション(縮小判)

助手 萩原正子 インスタレーション
<教室日記>
(作品紹介―15)

  10月27日の日曜日に、キッズコースの教室展が終了してから31日の木曜日まで、教室は5週目休講だった。 これがありがたい。 
  キッズの発表会が近づくと、子供の出品作を間に合わせたり、飾りつけを作らしたり、色々忙しくなる。 一週間前になると、展示物のチェック・装飾イメージ・作業段取りなど、考えることが増え、
  また、当日の飲み物・食べ物などの買出しにも行かなければならない。 2日分なので、飲み物だけでも相当な重さ。 それを5階まで運ぶ。 

  今年は、前日の展示作業に二人のお手伝いがあり助かった。 準備は前々日から始めるが、展示作業だけは、相変わらず時間が掛かり、延べで言うと10時間くらい掛かってしまう。 
  そして、教室展当日は、2日間で90人以上の人を相手にする。 知らないうちに気を使い、終わってみると、疲れが押し寄せる。  
  いつもは、後片付けもさっさと済ますのだが、だらだらと毎日教室に通い、少しづつ片付けた。 そうやって、のんびりできるのがうれしかった。 

  一昨日の日曜日は、特別教室。 年3回ある。 今回は秋の特別教室で、午前は、パステル・パース(遠近法)・ドローイングの初級教室、午後は裸婦クロッキー教室。 
  午前の部は、受講者7人。 午後は参加者15人。 まあまあ盛況。 今年最後の催し物になる。 
  やはり、秋はバタバタする。 私の描きかけの絵があるが、2週間、描きかけのまま進行していない。 
  
  今週は、キッズの発表会作品を子供たちに返す作業がある。 個人別に絵や工作を袋に入れ、曜日別に分けて渡す。 さっさと済ませば、自分の絵が描ける。 そういうつもりでいないと、秋は、何もできないうちに年末まで押し流されてしまう。


  さて、作品紹介をしよう。 作品紹介15人目は、一戸正子改め萩原正子さんのインスタレーションである。 今年8月に婚姻により改姓した。 
  どうも、一戸さんで呼び慣れているので、ここではそう呼ぶことにする。

一戸さんは、私の三番目の弟子である。 30代半ば。 昨年の6月に弟子になった。 その時点で在籍2年2月。 短期間で弟子になったことになる。 

  最初に教室に通い始めた頃から、何となく他の生徒さんと違っていた。 
絵を正式には習ったことがなく、独学で描いていたが、たぶん行き詰まったのだろう、ちゃんと習おうと思ったらしい。
  デッサンで入会し、ボトルを3本、貝を三つまで描いて、基礎デッサン終了。 
その後、複合デッサンと作品作りを交互にやることを希望した。 ここら辺が、またちょっと他の生徒さんと違う。 作品作りのためのデッサンであることを認識していた。 それで、基礎デッサンを終了すると、すぐに作品を描きたかったのだろう。 

  そんなある日、一戸さんが私に尋ねた。

「先生! 私もプロになれるかなー?」 

  こういう質問を生徒さんから尋ねられることは少なくない。 そのため、いつも同じ答え方をする。

「絵のプロは目指すものではない。 なるもの」
「だから、一生懸命に絵を描いていれば、いつか、知らないうちにプロになっているよ」

  この時も、いつも通り同じことを言ったが、なぜか、一戸さんならプロになれるような気がした。 
  アートの世界に身を置く人間には、タイプがある。 まず、技術もままならないうちから、体の中にえも言えぬモヤモヤがあること。 これは、非常に大事なことで、これが、アーテイストとしての核である。
 
  この核は、大人しくなく、たいていの場合、この核に振り回されることが多い。 したがって、教室だけで絵を描き、あとはオシマイという考え方ができない。 
  自宅でもどんどん絵を描くことになる。 上手い下手は関係ない。 描かないと落ち着かないのである。 
  大袈裟に言うと、魂が叫ぶので絵を描かざるをえない。 アーテイストたる所以がここにあるが、未熟でもアーテイストはアーテイスト。 
  絵のプロは、なるものだが、アーテイストは、はじめからアーテイストだと言える。 一戸さんは、そういう意味で、はじめからアーテイストだった。

  入会当初から家で描いた絵を見せてくれた。 来るたびに違う絵を何枚も持ってきた。 絵の描き方もバラバラで、落書き風な描き方からキチッと描いたものまで色々。 
  それを毎回見せてくれた。 何か、胸の中から湧き上がる、得体の知れないモヤモヤと格闘しているような気がした。

  一戸さんが教室に入会してから一年半あまり過ぎた頃、私は、弟子二人に一戸さんの弟子昇格を提案した。 橋崎講師と大野まみ講師にである。 半年後に審査をして決めることで一致。 
  一戸さんには、半年後に決めるので、作品を多く持参するように言った。 審査日が近づくと、一戸さんは作品を搬入してきた。 1回ではない。 何回も。 最後に車で作品を搬入した。 山のような大小様々な作品が教室の片隅に積み上げられた。
  その量に驚いた。 

「なんとまあ、描きに描いたり」

  一応、全部に目を通したが、絵の良し悪しは別として、彼女の魂だけは、全員に伝わった。 

2012年6月1日、一戸正子弟子昇格。 教室助手。 研究所所属。
2013年6月、第56回新象展に出品。 佳作賞・ホルベイン賞をダブル受賞。

  さて、彼女は早々と受賞し、美術界に名乗り出た。 新象展の受賞には本人も驚いたようである。 私に受賞の報告を電話してきた時、声が震えていた。 

  今回、ご紹介のインスタレーションは、一戸さんが会員展用に持参した小さな寄木。 一つ一つにメッセージのように色々と書き込んである。
  ホントは、横に並べるつもりだったが、それだけのスペースが取れずに、積み上げたもの。 それも面白いとして、積み上げた。

  インスタレーションとは、撤去されることを了解した上で、作る作品のこと。 生け花がこれに近いかも。 
  この作品をどうのこうの言う気はない。 橋崎君の作品同様、一戸さんらしさは、表現されていない。 皆さんに、一戸さんの感覚がお分かり頂けたら、よしとする。
 
  未熟でもアーテイストはアーテイストである。 一戸さんは今も何かを作っていることだろう。 自分のモヤモヤと格闘しながら。 
  弾丸ダンプのように走り回ってほしい。 ジタバタしてほしい。 悩んでほしい。 悩み抜いてほしい。

  そうすれば、いつの日か、本当のプロになっているかもしれない。 
絵の世界は孤独で過酷な世界だが、いいこともある。
  それは、創作の神様が時々ご褒美をくれること。 魔法の杖を一振りすると、キラキラ星が現れ、何か一つ分かる。 

「あーそういうこと」

  一戸さんにも、やがて、キラキラ星の現れる時が来るだろう。 
その時が来るまで、今は、とにかく邁進! 

  まっすぐ、振り返らず、前だけを見て、走り抜けばいい。 
スポンサーサイト




テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/849-f6fd28eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)