FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2013・10・15(火)
木下瑞穂・水彩(縮小済)

会員 木下瑞穂 水彩画
<教室日記>
(作品紹介―12)

  わが教室助手の一戸さんが婚姻により萩原さんになった。 私の三番目の弟子である。 
  それで、先週の土曜夜の授業後にミニパーテイーを開いた。 一番目の弟子の橋崎講師や、二番目の弟子の大野まみ講師も駆けつけ、15名くらいの気の置けない仲間が集まり、立食形式のパーテイーになった。 
  我が家からは、手作りの料理を二品持参。 河合君は、刺身代を奮発した。 

手作り料理は、わが女房殿が作る手はずだったが、急に風邪を引き、寝込んでしまった。 
  木曜夜に 「鼻が変だ」 で始まり、あっという間に声までかれた。 見ていて面白いくらい(おっと、失礼)。 
  結局、金曜・土曜と寝込んだため、パーテイーには出れずじまい。  
そのため、料理は私が作ることになった。 筑前煮と鶏の唐揚げ。  
  私は、なぜか調理師免許を持っている。 様々なアルバイト経験から得たもので、妙なところで役に立つ。 

  ある程度の人数が集まった場合、立食にするほうが楽しい。 長テーブルを三ケ所に用意し、くつろげるようにした。 
  特に、西側の窓は見晴らしがよく、夜景がきれいだ。 しかし、なぜか、そこのテーブルだけ誰も座らない。 どうも、皆私に遠慮しているようだ。 
  それでは、ということで河合君と私が陣取ると、ぼちぼち人が入れ替わりやってきた。 皆、様々な場所で様々な人と話している。
   
  午後11時解散。 残った料理は、お持ち帰りパックで持ち帰り。 残ったら捨てることになるので、独身者は、セッセと詰め始める。 
  その時点で約三分の二は帰って行った。 皆、十分に楽しんだようだ。
テーブルをきれいにして、二次会開始。 私もビールは何本飲んだろうか? ちょっと酔いが回ってきた。

  教室には、都内から来ている遠方組の3人が泊まることになった。 私も午前1時過ぎまで付き合ったが、だんだん足元が怪しくなり、舌も絡まるようになったので、帰ることにした。  
  駅の向こう側の自宅マンションまで、地球の自転を確認しながら歩いた。 普段気が付かないが、地球は確かに回っている。 飲むと良く分かる。

  さて、作品紹介をしよう。 作品紹介12人目は、木下瑞穂さんの水彩画である。
木下さんは、前回の菅さんと同じ頃に入会し、二人とも未経験で水彩画なので、よく覚えている。 木下さんのほうが少し早く入会した。
 
  木下さんは20代前半だったが、早いもので、もうかれこれ5年余りの在籍になる。 最初の2年間は、水彩画の模写をしていた。 その後モチーフを並べた静物画をやり、そのあと、写真を元に絵を描いた。 
  旅行先で写真を撮り、何枚も持っていたが、プリンターを持っていなかったため、それを私のパソコンに送り、私がプリントしてあげた。 

  木下さんは菅さん同様、模写から始めている。 模写については、このブログでも何度もご紹介しているが、絵の上達にはとても有効な手段である。 
  模写は自分の身長分で描けない。 相手の技量に合わせるため背伸びしないと描けない。 その背伸びが絵の上達を助ける。 
  全く歯が立たないものは描けないので、頑張らないと描けそうにない絵がちょうどいい。 そうやって2年間で着実に成果を上げていった。 

  そのあと、テーブルの上にモチーフを並べて、実際に目の前にあるものを描き出した。 この順番がいい。 模写  実写  写真 の順番は、上達の順番を意味している。 
  技術を身に付けてから、実際にあるものを描く。 そして、自分で撮った写真を元に絵を起こす。 とても効率のいい勉強方法だと言える。 

  写真を見て絵を描くのは簡単だと一般的には思われている。 それは大変な思い違いで、写真から絵を起こすことは非常に難しい。 
  写真は、三次元を平面化して二次元に復元したものである。 三次元の情報は二次元には入りきれないので、平面化する。 平面化した時に、三次元の情報の半分は失われる。 
  したがって、写真を元に絵を起こすと、半分の情報がないまま描かなければならない。 それで、写真をそのまま描くと平坦な絵になってしまう。 

  これを防ぐには、失われた情報を補いながら描かなければならない。 補うには知識がいる。 絵の知識。 だから難しい。 
  そのため、写真から絵を起こす場合、撮影者が本人自身であると削除された情報を補いやすい。 その場所を知っているから。 

  今回ご紹介の水彩画も写真を元に描いている。 瓦の美術館だそうな。 描き始める時に、どんな場所なのか説明してくれた。 
  道には、瓦が引き詰められている。 いかにも瓦の美術館といった風情だ。

ご紹介の水彩画の画面は、きれいな一点透視。 中央正面の出入り口には外の景色が薄く見える。 画面上の横の線は中央に向かって集結している。 簡潔で効果的な構図だ。
  
  ところが、描き進めるうちに、画面右にある巨大な瓦の展示物が写真ではハッキリとしない。 いざ、描くとなると何気ないものが問題になることがある。 
  そこで、木下さんは、ネットでこの瓦の正面写真を探し出し、それを参考にして描いた。 
  細かいことをおろそかにしない。 いいことである。 
  
しかし、問題は他にもあった。 道である。 この道を描く時に相談された。 写真どおりに描くか、アレンジするか。 
  道には手前から奥に向かって瓦が引き詰められている。 それを透視を効かせながら描かなければならない。  これでは、誰だって尻込みする。 
  結局、道を描くことになったが、この道が最終的に、この絵のテーマを決め、最大の効果となった。 

  作品は昨年の11月に仕上がった。 ご覧のとおり、堂々としたいい出来栄えである。
  この絵を描き終えた時に、木下さんの心の中に、何か変化が起こったようである。 そして水彩画に一区切りをつけ、心機一転、今度は油絵を描き始めた。 
  水彩画と同じく今は模写の2点目を制作中。 

  今年の会員展では、ご紹介の水彩画と、初めて描いた油彩模写画の2点出品した。 興味深い出品の仕方である。 
  一区切りをつけた水彩画と、新しく始めた油彩画。 

過去と未来。

  そんな気さえする。 過去を記念して未来を夢見る。 きっと、木下さんは、そんな想いを託したのかもしれない。

  私には、そう思える。
スポンサーサイト




テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/846-6304956f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)