FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2013・6・25(火)
大野太一・アクリル0.3(トリ)

会員 大野太一 アクリル画
<教室日記>
(会員作品紹介-3)  

  今回ご紹介する作品は、大野君のアクリル作品である。 
大野君は、今年29才になる若者で、3月入会なので、教室在籍2年とちょっと。 デッサンを1年描いて、昨年の会員展以降アクリル画に転向した。 
  会員展以降、制作方針が変わることは珍しくなく、会員展で刺激を受けて、「ヨシ、今度はこれをやってみよう」 と思うのだろう。 

  ご紹介している作品は模写である。 模写は技術獲得等学ぶものが多く、教室としても奨励している。
  模写は自分の身長分で描けない。 相手の描写技術、制作技術的身長に合わせるため、背伸びしても届かない場合がある。 したがって、選ぶ絵を間違えると仕上がらない。 

  大野君も選択ミスした可能性があった。 初めてのアクリル画で、背伸びしても無理だった可能性があったが、描きたいと思う気持ちが常に優先するため、本人の気持ちに任せた。 
  
  この模写の絵は、景色としては複雑ではない。 問題は川の表現にあった。 川を描いた絵なのだ。
  だから、川が上手くいかないと絵にならない。 こういうシンプルな絵は、意外と難しいのである。
  大野君は、この川の表現だけで5ヶ月掛かっている。 5ヶ月間、ただひたすら描き直しを繰り返した。 その粘りが、この模写作品を生んだ。 やってみれば分かるが、中々できることではない。 おそらく、たいていの人はあきらめるだろう。 

  私も色々アドバイスした。 しかし、描くのは本人である。 こういう表現はこう描くと指導しても、描くのは本人。 本人がそう描けないとどうにもならない。 私が描いてみせても、本人が描くとちょっと違ってしまう。 
  色の問題、筆の問題、原画との大きさの問題等障害は色々ある。 そんな中で、頑張らなければならない。  正直な話、私もしまいには、どうアドバイスしていいか分からなくなった。 本人の気持ちに任せるしかない。 あきらめた時に元気付けるのが私の仕事だと思っていた。

  だから、ここら辺であきらめるはずだった。 少なくとも私はそう考えていた。 しかし、違った。 上手くいかないと言いながら描き続けた。 大野君は、あきらめなかった。 
  数ヵ月後、何とか川らしくなってきた時、大野君は何かを学んだと思う。 アクリルの技術だけではなく、もっと精神的な何かを。 「頑張れば、何とかなる」 ということかもしれない。 
  
  川が仕上がると、あとは問題らしい問題はなかった。 おそらく、問題はあったのだろうが、川ほどの問題はないと本人も思ったと思う。 それで、その後の制作は結構順調にいった。 
  選択ミスと思っていたものが一年後完成した。 
「粘り勝ちだな」 と思った。


「創作の神様は、粘った者にしか微笑まない」

  昔、デザイン学校の先生をしていた時に、何気なく生徒に言った言葉である。 
この言葉を、今回、大野君に贈る。
スポンサーサイト




テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/831-2cd66a0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)