FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2013・5・21(火)
<教室日記>
(会員展出品作品)

  今週の土曜・日曜に、教室にて大人教室の「会員展」がある。 私も出品するため、5月の連休休みの時に、教室で制作していた。 F10号くらいの大きさで、パステルと水彩絵具、色鉛筆で描いてみた。

  教室まで自転車で通勤しているが、その通勤経路に、イタメシ屋さんがある。 生徒さんに聞いてみたら、「イタパン」と言うらしい。 お店の看板はあるが、読めなかった。 
  毎日通りながら、その店先に興味を持っていたので、今回、題材に取り上げた。 お店屋さんを描くことは、以前から考えていたので、その第一作目である。 

  今年は秋の展覧会に出品予定なので、その試作的意味合いがあり、カタチは、ガタガタした感じ、または、クチャとした感じで描きたいとイメージしていたが、色については、写真を参考に描くので、見たままの色使いにしようと漠然と考えていた。 
  しかし、パステルで描いたためか、何気なく、お店の壁をピンクにしたため、何となく全体の色が自然に決まってしまった。 

  ピンクにした理由は、イタリアっぽいと思ったので。 テレビの旅番組で、イタリアの漁村の風景が紹介されたことがあり、その中に壁がピンク色した家があった。 風景にとても合っていて、オシャレだった。 それを、ふと、思い出した。 それでピンク。 
  描き進む内に、店先に、写真にはないものを描き足した。 ネコの置物とか、傘たて、植木鉢など、色々と装飾した。 壁には、ランプ型の照明を描き、ついでに、賑やかにしてやれと、電飾をぶら下げた。
  
  さて、どこかで見たようなお店ができ上がった。 場末のスナックのような「イタメシ屋」さんである。 昔、どこかで見た気がする。

  東京の阿佐ヶ谷に住んでいた頃、駅近くに、一番街という飲み屋街があった。 真っ直ぐに伸びた道の両脇に、お店屋さんがズラリと並んでいる。 
  トンカツ屋、お好み焼き屋、定食屋、割烹、居酒屋、バー、スナックバー、ジャズバー、酒屋等々、胃袋関係のお店ばかり、ズラリ。 雰囲気は、地方のどこかの飲み屋街という風情。 東京の下町っぽいと言えば、言えるかも。 
  アルコール摂取組には、極めて親しみやすい空間である。 そこのどこかで見たような。 
 
  秋の展覧会は、アクリル絵具でデイテールに、こだわりながら描き進むため、今回のパステル画は、試作になっているのか、はなはだ疑問だが、絵としては気に入った。 どこか懐かしく、どこかウラビレていて、

「いーんじゃない!」

  という感じ。

私としては、大変、珍しい絵を描いたものだ。 いつも、悩みながらの制作だが、今回は、楽しみながら描いた。 楽しみながら描く絵があることを忘れていた。 久しぶりの感覚だ。 そこで、会員展発表前であるが、このブログ上で発表してしまおう。 

  絵の題名は、「一番街のイタメシ屋」 



 130507イタメシー10(1.3)
 
  2013<会員展>田屋 優 「一番街のイタメシ屋」
スポンサーサイト




テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/826-3122c963
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)