FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2013・4・2(火)
ネット水彩画テキスト5見本画・静物

通信講座水彩画見本

<教室日記>
 (風景雑感)

  しばらく絵から遠のいていたので、そろそろ描き始めようと考えている。 
私の具象のイメージは、日常風景を私なりの解釈で、変形させること。 2年前に抽象画から具象画に転向した理由が、正に、これである。 変形させ、画面上の色とカタチを融合させること。 10代から感じていたことを、今やろうとしている。 私の積年の願いである。 
  
  東京育ちなので、日常風景とは東京の街の風景。 若い頃にウロウロした東京の街が、今でも私の頭の中に、こびりついている。 

  私にとって、船橋は第二の故郷。 しかし、なぜか第一故郷の武蔵野市は、たまに帰ると、武蔵野のしっとりした風景でさえ、何か空々しく感じる。 なぜだろうか。

  人は、土地とともに生きるのだろう。 そう思う。 生まれ故郷でなくとも、住めば都。 今住んでいる土地に愛着を持ち、ともに生きるのだろう。 東京から帰ってくる時に、江戸川を渡ると落ち着くのだから、当たっていると思う。 
  20代~40代半ばまで、杉並区の阿佐ヶ谷に住んでいたが、その阿佐ヶ谷もたまに行くと、他人様の「ショバ」という感じがしてしまう。 私が育った武蔵野市も阿佐ヶ谷も、今は遠い昔のことで、私には、もはや関係のない場所になってしまった。

  しかし、土地はそうでも、思い出はそうではない。 武蔵野市に住んでいたことや、阿佐ヶ谷にいた頃のことは、思い出の中に生きている。 10代後半、20代にうろついた東京の当時の街並みも、今はしっかりと心の中に刻まれている。 私の第一故郷は、思い出の中にこそある。 私の記憶の場所に刻まれている。 だから、その場所に行く必要はない。 記憶の場所を訪ねればいい。 私が見る千葉の風景も、過去の場所の投影かもしれない。 

  昔、阿佐ヶ谷に、知る人ぞ知る、永島慎二さんというマンガ家が住んでいた。 熱狂的なファンが今でもいるが、何年か前に若くして亡くなられた。 
  初めて阿佐ヶ谷の永島さん宅にお邪魔したのは、私が学生の時で、永島さんもまだ30代だったと思う。 元気で溌剌としていて、阿佐ヶ谷の若者の間では、神様扱いされていた。 その後、なんだかんだで、二十年近く親交があった。 

  その永島さんは、青春マンガというジャンルを確立したことで有名だが、氏の描くマンガに下駄を履いた男の子がよく登場していた。 小学3年生くらいだろうが、私の子供の頃に下駄を履く子供はいない。 女の子も冬などは、どてらを羽織っている。 明らかに、私の時代より前の世代だ。 永島さんは、私より10才以上は上なので、子供の頃の記憶だなと、いつもそう思っていた。 永島さんは、繰り返し、こういう子供たちを描いている。 

  人は、過去から離れられない。 永島さんもあの時、何を思い出していたのだろうか。 子供の頃のことなのか、青春時代のことなのか。 それとも、苦い思い出なのか。 今となっては、知るよしもないが、現代に生きた永島さんは、現代の景色に、過去を見ていたのかもしれない。
 
  風景とは、心象風景の略だと思う。 風景は、人の目を通して見るため、記憶が混ざりやすい。
  そのため、風景は、あるがままだが、見え方は、人による。 


<ボランテイア活動をしています>
公益NPO各団体の支持を得た活動です。

通信講座テキスト一部を実費(500円)で、提供します。
対象者:おおむね60才以上の方・障害のある方・12才以上大学生まで。
● デッサン講座・水彩画講座・パステル画講座
● お問い合わせ : taya@art21japan.jp (コピーして下さい)
● 注意     :教室お問合せと混同するので、件名は「ボランテイアお問合せ」でお願いします。

スポンサーサイト




テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/819-6c98d4f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)