FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2012・10・16(火)
ネット水彩画テキスト5見本画・静物

通信講座水彩画見本

<教室日記>

  今年も、お彼岸を境に涼しくなり、この頃は、ちょっと寒い日もある。 
「暑さ、寒さも彼岸まで」 という言い回しがあるが、今年もやっと秋を迎えたようだ。 
  いくら夏が暑くても、やがて秋は来る。 それが当たり前だが、夏の残暑が長引くと、今年は秋が来ないのではと、一瞬不安になる。 それほど暑かった。 
  9月は、夏バテだとハッキリ思えたほどで、汗を体から搾り取っているようで、疲労感は溜まる一方。
  体がダルい。 これでは、何もできないと思った。 今は、秋を満喫したい気分だ。 

  が、しかし、この秋もそう暇ではない。 毎年、秋は結構忙しい。 10月の末には、キッズコースの教室展がある。 前準備・展示・開催、と、一仕事。 
  子供コンクールの出品が10月の初めにやっと終わるので、それから、教室展用の工作や絵を描かせる。 ダラダラ作業する子に発破を掛けるのだが、まずもって、ちゃんとやらない。 
  土曜教室の小学4年のS君は、その典型で、いつも遅れて来る上、何もせずに、引っ切りなしに喋り続ける。 何度注意しても、喋っている。 この前は、テレビのコマーシャのせりふを、繰り返し喋っていた。 他の子達も呆れる。

「おまえ、そのまま何もしないで、帰るつもりじゃないよな?」 と私が言う。
「そのつもりじゃない」 と他の子が言う。

  終了時間になったので、他の子達には、「来週は、そのツヅキね」 と言う。
「おまえは、ヅツキね」 と言って、S君にはヅツキをお見舞いする。

「イッテエー!」 と、その時だけ後悔する。 毎回これ。 やってられない。
  
  11月には、秋の特別教室があるので、参加者を募る。 12月になると、子供会員には冬期休講のお知らせ、大人会員には、新年会のお知らせを加えて、一人一人に渡す。 その上、新年会の会場予約は、年末の内に済ませたいので、おおよその参加人数把握のため、これもまた、一人一人に参加をチェック。 
  12月は、教室開講日が3週間しかないので、なんだかんだやっているうちに、教室冬休みに突入する。 この間、私の個人制作は、はかどらない。 何となく落ち着かないから。
  
  秋の夜は、つるべ落し。 あっという間に暗くなるという意味であるが、時間もあっという間に経つ。
  ついでに、人生もつるべ落し。 あっという間に年をとる。 
スポンサーサイト




テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/795-846b8e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)