fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2012・8・14(火)
ネット水彩画テキスト2模写見本画・瓶とレモン

通信講座水彩画見本

<教室日記>  

  今は、夏休み中である。 8月8日の水曜から21日の火曜日まで、教室は夏休み。 
  先週の土・日曜日に、わが教室の河合君が、地元代々木で初めての個展を開いた。 
  河合君は、私の高校の同級生でもあるので、オープニングパーテイーでは、高校の同級生も多数参加していた。 高校は、杉並区の荻窪。 教室からは、20人が参加。 全体では、100名近い参加だったようである。

  西船教室の前の教室にあたる杉並教室の生徒さん第1号が、河合君。 河合君は、写真を元に克明な描写を得意とする。 観察画とも言える観察描写画だ。 水彩画とアクリル画、大小合わせて約40点の展示は、キャリア18年の集大成と言える。  
  先生の挨拶を頼まれたので、簡単に挨拶したが、私の挨拶と会員展での講評(約1時間半)を混同した者がおり、長引いたら注意する手はずだったと、あとで知らされた。 女房殿と、弟子の橋崎講師。 

「高校時代の話しをし出した!」 「これは長いぞ!」 
「まだ、杉並教室の話だ!」 「これは長いぞ!」

  会場は、新宿駅南口の代々木駅側の全労災のイベントホール。 二部屋を借りての展示であったが、段差があり、立体的な会場風景は、印象的だった。 河合君の自宅から徒歩圏内なのが、スゴい。 
  東京は広いと言うが、山手線内がいわゆる東京であり、そこで育った河合君こそが、シテイーボーイと言える。 ちなみに、私は武蔵野市なので、カントリーボーイ。 
  そんな話を、帰りの千葉方面に行きの電車の中で、19才のお嬢さんの I さんに言った。 6人で喧騒渦巻く新宿から、西船まで帰ってきた。 
  I さんは、房総半島の真ん中、養老渓谷にほど近いところで、育ったらしい。 

「先生! それは、カントリーボーイとは、言いません」 
「失礼しました」

  訂正。 河合君はメトロボーイで、私はシテイーボーイ。 I さんがカントリーガール。 

怒られそうなので、この辺で。 
スポンサーサイト




テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/786-37e4eb98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)