アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<アート一口講義26>2012・5・15
ネット水彩画テキスト6模写見本画・背景ー2(9夕焼け空

通信講座水彩画見本

「自然光の大切さ」

  絵を描く場合の光には、基本がある。 太陽光が基本。 蛍光灯でも絵は描けると思っている人が、意外と多いが、これを機会に考えを改めよう。 古来より、光の基本は、太陽光(自然光)である。  光源を自然光にしか、求められなかった事情はあるが、自然光に近い光源を得ることができる現代でも、太陽光を基本とする考え方に変わりはない。 自然光に近い光源というだけで、完全ではない。 
  自然光を基本とする考え方は、時代が変わっても常に同じ条件で絵を見れるからに他ならない。 昔も今も変わらない共通の光源は、自然光になる。 したがって、止むを得ず蛍光灯に光源を求める場合は、必ず、絵の確認は自然光の元で確認すること。 これは、制作の鉄則だと思ってもらいたい。 絵には微妙な濃淡もあるが、微妙なニュアンスもある。 これらを嗅ぎ取るのは、自然光の元でないと、不可能。
  
<教室日記>

  ある日、教室に妖艶な女の人がやって来た。 油彩の「お試し」を希望している。 前日に電話があったが、日本人ではないらしく、少しかすれた声は、火曜のキッズコースに来ているY君のお母様の声によく似ている。 
  Y君のお母様は、中国の方で、達者な日本語であるが、やはり、何となく日本人のそれとは、ちょっと違う。 電話で話していると自然に、そのお母様の顔をイメージする。 
  次の日に教室に現れたその方を見てビックリ。 全くタイプが違っていた。 全身黒ずくめで、ミニスカート。 お年は、30才は超えているかもしれない。 一目でご商売が分かる感じである。 お水関係。 徹底的に化粧し尽した体から、エも言えぬ妖しげな香りが漂う。 ご挨拶と言って、箱入りのイチゴを差し出したのには、二度ビックリ。 
  結局、この方は、一回のお試しで、絵に向かないと言って、二回目は、来なかったので、判断の早さに三度ビックリであるが、ひょっとして、四度目のビックリもあったかもしれない。 それは、性別である。 もしかして、と思ったが、確かめる術は、もはやない。
スポンサーサイト

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/773-619d3e52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【<アート一口講義26>2012・5・15】

通信講座水彩画見本「自然光の大切さ」  絵を描く場合の光には、基本がある。 太陽光が基本。 蛍光灯でも絵は描けると思っている人が、意外と多いが、これを機会に考えを改めよう。 古来より、光の基本は、太陽光(自然光)である。  光源を自然光にしか、求められ... まとめwoネタ速neo【2012/05/15 22:03】