FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<アート一口講義22>2012・4・3
ネット水彩画テキスト1模写見本画・クレマチス

通信講座水彩画見本

「×の発想、△の発想」

  これも発想についての話だが、発想法の話ではない。 発想の種類の話。 発想には、×と△がある。 例えば、○から×を思いついたら、発想したと言えるだろう。 ○を普通に削ったとして△になっても不思議ではない。 しかし、○を普通に削っても×にならないだろう。 ×にするためには、発想が必要である。 つまり、○から出発して、×にたどり着いたら、途中でジャンプしないと×に着地しそうにない。 △だと、真っ直ぐに行けばたどり着く。 ジャンプすることが、すなわち、×の発想。 
  では、△の発想はダメ発想かと言えば、そうではない。 △の発想も絵を描く上では必要。 △の発想が多いと絵に厚みが出る。 ×の発想を大量の△の発想で上手く包んで膨らませたら、良い絵ができる。

<教室日記>

  教室に、小学2年生の女の子を伴って、母親が見学に訪れた。 娘にデッサンを指導してほしいと言う。 それも、大人と同じ指導を希望している。 驚いた。 
  デッサンは、技術であり、デッサンを指導すれば、デッサンという枠の中に、その子をはめ込むことになる。 子供は柔軟性があるため、容易に枠に入る。 しかし、一旦はめ込むとそこから出ることはできない。 つまり、デッサンしか描けない子になる。 
  一番大事な創造性を伸ばす時期に、デッサンの枠の中に押し込めたら、創造性を伸ばすチャンスは二度と訪れないだろう。 
  確かに、デッサンをすれば、母親の願いどおり、他の子より技術的には優れた絵を描くと思う。 しかし、それ以上のことはできない。 いわゆる、美術の障害児になる。 恐ろしい話しだ。 
  何度説明しても母親は納得しなかった。 親の見栄が、我が子の才能を、潰しにかかっている。 母親は、得心得ぬまま、帰って行った。 
  バカな親だと、思った。 
スポンサーサイト




テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/767-a9f25d5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)