FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

アート徒然日記 2012・1・1(日)
 2012年賀状タツ・1
  あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。

と、型どおりのご挨拶。 今年はどんな年になるか。 今年も頑張る! これに尽きる。 
  さて、ある人が言った。 「10年後のために今日を生きよ」 10年後に、少しは幸せに、少しは立派に、少しは裕福になっていたいもの。 しかし、そう願いながら、何もしなければ、10年後も今と同じであることは、ほぼ間違いなさそう。 むしろ、10年、年を取ったのだから、それだけ、色々な意味で、条件は悪くなっているはず、だと思う。 そのため、古来より、今の自分を戒めるためのことわざや、格言が色々ある。 
  「10年後のために今日を生きよ」 今年は、これで行く。 これで、行きましょう。
  
 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/752-2f93dccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)