FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

アート徒然日記 ‘11/06/28(火)
<沈黙の効果>

  ケーブルテレビの時代劇専門チャンネルで、毎週日曜日の午後6時から「剣客商売」を放映している。 5時からは「鬼平犯科帳」。 毎週楽しみにしている。 

  この「剣客商売」で、藤田まこと演じる秋山小兵衛が、面白いことを言った。

「何事も口に出して言うと、力が抜けるものだ」

  何気ない言葉であるが、心に引っ掛かる。

確かに、そういうことはある。 言葉を発しない方が、力が貯まるようなことは、誰でも経験したことがあるだろう。 黙っているほうが本気度が高い気がする。 本気になればなるほど喋り続けるのは、落語家と漫才師くらいだろう。 普通の人間は、寡黙になる。
  
  絵を描いている者も、寡黙な人は優秀な感じがしてしまう。 何か心に秘めたものがあるような気がして、単なる無口とは思えないものだ。 黙って座っているだけで、芸術のオーラが漂っているように感じてしまうのだから、不思議だ。 

  そういう人間を何度も見かけたことはあるが、まあ、私の今までの経験からすると、そういう寡黙も無口の線で落ち着く。 世の中それほど見た目通りとはいかない。 

  さて、これとは逆の話になるが、私が18才だか19才だったか、絵のことをしきりに喋りまくっていた時期があった。 
  ある時、母親が言った。 

「そうやって喋っていると、絵を1作描いたような気になってしまうね」

  母親の指摘するとおり、喋っている分だけ絵はおろそかにしていた。 やはり、喋ってしまうと体の中に貯まった情熱が、発散されることは確かである。 絵を描いて発散させるか、喋って発散させるか。 若い時は特に、絵を描いて発散させるのはつらい。 そこでついつい楽なほうを選んでしまうということだろう。 
 
  やはり、絵を描く者は寡黙でありたい。 そのほうが良さそうだ。 良さそうだが、心に秘めたものがあるために寡黙なのも、どうも頂けない。 

  絵描きは絵を描くことが仕事である。 仕事であるためには、合理的な考え方をするし、合理的な考え方をすると計画的になる。 計画的な考え方をしている人間が、何か心に秘めたもののために寡黙になったというのは、どうもしっくりこない。 上手くいかないので悩んでいるというのが、当たってしまう。 単なる悩める人になる。 それでは陰気臭い。 

  私が言う寡黙とは、貫禄みたいなもの。 人格者。 その人の中身がずっしりと詰まっているので、言葉少ない。 良いですね~、こういうの。 
  まあ、憧れのようなものなので、身近な人にはいない。 
実際、そんな人は絵描きにいないかもしれない。 絵描きは、感性を磨くのが商売なので、中身がずっしりと詰まるような人生修行は、避けて通る傾向がある。 したがって、中身がぎっしりと詰まった絵描きはいない。 と断言できる。 
  絵描きの実際は、多弁。 皆良く喋る。 残念ながら私も多弁であるし、私の師匠の映周先生も多弁である。
  映周先生は頭のてっぺんから足の先まで芸術家であるが、良く喋る。

願わくば寡黙でありたい。 男として、人間として、格好良くいきたいものであるが、事実上、人格者と一番縁遠いのが、絵描きであると言える。 絵描きが人格者になったら、絵は描けない。
  それは、間違いない。 感性や感覚を仕事上の重要要素としたら、大人に成り過ぎてはいけないのである。 

  そこで、一言。 

「口に出しても、我が内に秘めたる情熱の炎に問題なし」
 
  秋山小兵衛もビックリ。 


田屋のアート講義は、‘09/4/23(木)を以って終了しました。

「研究所レベル」・「大人コース(中・上級)レベル」・「大人コース(初級)レベル」・「キッズコース」・「高齢者のための絵画指導」の五講義(各60テーマ)は、左欄のカテゴリーで、閲覧出来ます。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/719-8a8cd3cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)