FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

アート徒然日記 ‘11/6/21(火)
<自転車で散歩>

  西船に引っ越して来てから変わったことと言えば、喫茶店によく入るようになった。
  
  以前もこのブログで書いたことであるが、40才代以降喫茶店にはほとんど入らなくなった。 10台後半から20代にかけて、あれほど好きだった喫茶店は、単なるお金の無駄遣いと考えるようになったためである。 その原因は、居酒屋に行く回数が増えたことと関係あるだろう。 

  今は、居酒屋にも行くけど喫茶店にも行く。 居酒屋は夜のため、喫茶店は昼のため。 何となく振り分けができている。 
  昼の喫茶店は、健康的な感じがする。 コーヒーをゆっくり飲んでいるだけで、くつろいでいる自分が分かる。  
  それに居酒屋は、毎日行かない。 教室の生徒さんと飲みに行く時くらいなので、月に何回もない。 居酒屋は月に1~2回、喫茶店は週に1~2回。 予算的にもいい按配である。

  あと自転車でよく出掛けるようになった。 千葉はアップダウンが激しいので、自転車で散歩するとシンドい。 自然お出掛けは車になる。 
  その点、西船近辺は陸側に向かわなければ平地である。 これが助かる。 
好奇心が旺盛というか、あの先がどうなっているのだろうかと思うと、まず確かめたくなる。
  また、偶然見つけた景色やお店などがあると得した気がする。 これがクセになる。
  
  15年前に自宅購入とともに、都内から船橋市に移って来た頃は、自動車免許を持っていなかった。 だから、どこへ行くのにも自転車であった。 自宅を中心に行動範囲が広がっていく。
  ある時、印旛沼が千葉県にあることを知った。 今では笑い話であるが、都内にいる人間は、印旛沼という場所があることは知っているが、どこにあるかは知らないものである。 

  急に行きたくなった。 どんな所だろう? 勝手に想像した。 勝手な想像は膨らむばかり。

  きっと茂みに囲まれた薄暗い沼ではないか。 神秘的でどこか懐かしく秘境のような景色に違いない。 

  行きたい。 絶対行きたい。 と思った。

まあ、今から考えると無謀としか言いようがない。 途中にどれだけ坂があるやら。 考えただけで、ゾッとする。
  特に、国道16号線沿いに進むと、その坂がまた長いのである。 その上、乗っていく自転車は、車輪の小さい典型的な近距離用自転車。 ママチャリのほうがまだ速い。
  印旛沼にはその後、再度、車で出掛けて行ったが、決して近くはなかった。 車で行った時に思った。
  「よく自転車で来たもんだ」 自分でも呆れた。

とまあ、とにかく、ある日、印旛沼目指して出発したのである。 事前に地図をコピーして持って行ったので、何とかなると思った。 
  もちろん、地図には坂のことは書いてない。 

印旛沼には早朝出掛けて、お昼頃到着した。 5時間は掛かったと思う。 途中ほとんど休憩なし。 日が暮れる前に家に帰り着きたかった。 

  印旛沼は遠かった。 とにかく遠い。 嫌というほど坂を上り下りした。

それに、私の勝手なイメージと違っても文句は言えないが、明るく、サッパリとした景色に驚いた。 想像と全く違う。
  印旛沼も結構範囲が広いので、私が見た景色は端っこの一番つまらない景色だった可能性はある。 が、 とにかく、そこで夢から覚めた。 疲れがドッと出る。
  帰りの坂道がやたらきつかったことを覚えている。 
  
結局、私の自転車での最長記録となった。 今でも自転車で散歩を楽しんでいる。 

  しかし、この記録を破るつもりは毛頭ない。 近所で十分。

 
田屋のアート講義は、‘09/4/23(木)を以って終了しました。

「研究所レベル」・「大人コース(中・上級)レベル」・「大人コース(初級)レベル」・「キッズコース」・「高齢者のための絵画指導」の五講義(各60テーマ)は、左欄のカテゴリーで、閲覧出来ます。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/718-c1fce83f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)