FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

アート徒然日記 ‘11/01/10(月)
<今年の抱負>

  新年も10日を過ぎ、早くも新しい年の息吹を感じる今日この頃です。

いつになっても、新年は良いですね。 「今年こそ」の想いを、さんざん繰り返してきましたが、節目は必要です。 やはり「今年こそ」何かが変わることを願います。
  今年も頑張る。 それが一番分かりやすいかな。

さて、話は変わりますが、人生は下りのエスカレーターに乗っているのに似ています。 下りですが、向いている方向は上りです。 人間は加齢を条件に生活していますので、こういうエスカレーターの例えが当てはまります。  
  つまり、何もしないと下る一方。 頑張り速度が、下りの速度と同じであれば、現状維持。 頑張り速度が下りの速度を上回って、初めて前進したことになります。 

  こういう考え方がありますが、どうでしょう?

頑張ると言っても、頑張り方が問題で今年も現状維持なのか、それとも前に進むのか。 そこのところを問題にしたら、一歩前進がいかに大変かお分かり頂けると思います。
  したがって、私が願っているのは前進です。 

そのための今年であってほしい。 それが、今年の抱負かな。 
  つまり、今年も一歩前進。



田屋のアート講義は、‘09/4/23(木)を以って終了しました。

「研究所レベル」・「大人コース(中・上級)レベル」・「大人コース(初級)レベル」・「キッズコース」・「高齢者のための絵画指導」の五講義(各60テーマ)は、左欄のカテゴリーで、閲覧出来ます。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/700-030c84be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)