fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

アート徒然日記 ‘10/12/1(水)
<年末の遊び>

  早いもので、今年も年末を迎えた。 

ついこの前、納涼パーテイーで、教室から江戸川の花火見物をしていたと思ったら、年末である。 教室の行事も、11月28日の秋の特別教室を最後に終了した。 

  12月は21日の火曜教室までで、その後来年1月10日まで冬期休講になる。 この間に旅行でもしたいが、この冬休みが来年の制作に向けての本格的なスタートになるので、遊んでいる時間がないのが、ここのところ毎年である。 この時期にサボると後で痛手を負う。 

  何を追いかけているのか、何に追いかけられているのか分からないが、忙しい話である。

今、教室でアグリッパという石膏像を描いている。 
  ネットコース用のデッサン見本画のつもりで、A3サイズで1枚描いてみたが、画面が小さくて描くのに苦労した。 このサイズがコンビニでコピーできる最大のサイズである。 ネットコースは、これをA4サイズに縮小して使用する。 

  出来は、あまり似てない。 

それで、教室にたくさんある、四つ切の紙に描くことにした。 今度は教室用の見本画のつもりである。 教室には石膏像の見本画はほとんどない。 一度描いたが、2時間が作業限度なのに閉口した。 目の衰えは、2時間経つと焦点が合わなくなる。 石膏像がダブって見え、それ以上は続行困難である。 

  石膏像は2時間では描けない。 2時間というと丁度調子が出てくる頃で、調子が出てきて、気持ちが乗ってきた頃に、目が見えなくなるのだから、堪らない。
  教室にある私が描いたデッサン見本画は、ほとんど2時間以内に描いたものである。

今は、休み休み目をいたわりながら描いているので、少しは長く描けるようになった。 そこで、見本画なので、そっくりに描いてみようと思い描いているが、これに今はまっている。 
  デッサンはそっくりに描く必要がない。 勉強なので勉強になれば良しとする。 できるだけそっくりで良いのであるが、まったくそっくりに描くとなると、これは結構難しい。 

  目の前にある石膏像のカタチと印象を、そのまま紙の上に出現させようとすると、職人ワザが必要である。 職人的な正確な目が必要になる。 

  それに今挑戦している。 自分がどのくらい正確な目をしているのか確かめてみようと思い、やり出したが、これが極めて難しい。 アグリッパは、難しい石膏像ではない。 メリハリが効いている顔つきは描きやすいほうである。 たいていある程度似る。 しかし、そっくりそのままとなると、アグリッパでも難物になる。 

  どうしてもそっくりにならない。 では、どうしてならないのか考えながら描く。 描いては描き直し、どこの顔の角度を間違えたのかとか考えてはまた描く。 
  気が付いたら、完全にはまっていた。 今は、この作業がたまらなく面白い。 ゲームをしているようである。 
  
  しかし、冬休みまで残り3週間。 その後は、別な作業をしないとならない。 そろそろ片を付ける時期になった。 ゲームは勝利するためにする。 3週間で勝利しないで、冬休みに突入したらどうなるか?
  
  遊びもほどほどに。 熱しやすいのがアダになってはと、自分に言い聞かす。  
  


田屋のアート講義は、‘09/4/23(木)を以って終了しました。

「研究所レベル」・「大人コース(中・上級)レベル」・「大人コース(初級)レベル」・「キッズコース」・「高齢者のための絵画指導」の五講義(各60テーマ)は、左欄のカテゴリーで、閲覧出来ます。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/694-9caa8e4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)