FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

アート徒然日記 ‘10/05/24(月)
<おおハッピーデー>

   先日、茨城県の牛久に行く用があった。 

あっち方面に行くのは久しぶりである。 女房殿と二人で朝早く出掛けた。 船取線(船橋取手線のこと、昔の言い方であり、今の船橋我孫子線という県道)を車でズーと北に向かうと手賀沼があり、手賀沼大橋を渡りさらに先に進むと国道8号線の水戸街道と合流する。 その先に利根川がある。 利根川を渡れば茨城県。 

対岸に取手の町のビルが立ち並んでいる。 いつも思うことであるが、何か違う町を訪れるようでその景色がとても好きである。 「ようこそ茨城に」と言われているようである。 そんな表示はないが、市川大橋を千葉に向かうと「ようこそ千葉へ」の看板はある。 水戸街道から千葉に入る所では、看板はない。 市川大橋は千葉街道なので、それであるのなら、水戸街道にも茨城に入る所に看板はほしいと勝手に考えた。

さて、茨城に入ると景色は一辺する。 驚くほど変わるのである。 つまり地面が真っ平らになる。 それと正反対に、千葉県はアップダウンの県である。 坂道だらけと言って良い。 千葉県という半島が、ちょうどインドが大陸にめり込んでいくように、日本本島にめり込んだために出来たシワであるのだろうか。 千葉県で平ら所は、手賀沼のような水辺か、埋立地しかない。

茨城県は、いつ来ても驚くほど平らである。 そんな変化が気持ち良い。 いつもと違う場所を訪れている実感が湧く。 空は晴れ渡り、気温も高い。 車の窓を開け、風の感触を楽しむ。 遠くに筑波山が見える。男山、女山。 あとは、広大な台地が延々と続く。 

牛久沼を過ぎて、しばらく行くと、右手に常磐線の線路が見え、その先にまたビル群が見えてくる。 そこが牛久の町である。 「あれが、牛久の町だ」と私が言うと、「あれ!カップヌードルは?」と女房殿が言った。 そういえば、カップヌードルを見かけなかった。 カップヌードルとは、取手を過ぎたあたりに、日清食品の工場が左手にあり、煙突の上に巨大なカップヌードルが備え付けてある。 煙突の白い煙が、あたかもカップヌードルから立ち上る湯気のように見える。

それを見かけなかった。 この不景気で工場が閉鎖になったのか、あるべきものがないのは寂しい。 
牛久で用事を済ませて帰途についた。 

<おおハッピーデー♪> 

ラジオから映画のテーマソングになった曲が流れてくる。 天気良し、景色良し、気分良し。 帰りにカップヌードルを見つけた。 行きに見落としたのである。 

<おおハッピーデー♪> 

カップヌードルを見つけて、気分はますます良くなった。




田屋のアート講義は、‘09/4/23(木)を以って終了しました。

「研究所レベル」・「大人コース(中・上級)レベル」・「大人コース(初級)レベル」・「キッズコース」・「高齢者のための絵画指導」の五講義(各60テーマ)は、左欄のカテゴリーで、閲覧出来ます。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/680-00450c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)