FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

アート徒然日記 ‘10/04/19(月)
<ひさしぶり>

  昨日、久しぶりにテニスをやった。

10年ぶりくらいか。
  朝4時起きし、練馬に住む斉藤さんを迎えに行き、練馬インターから外環・東北道で、那須高原到着。何でテニスをするのに、こんな遠くに来なきゃならないんだ、と、思ったがまあ気分転換。
練馬インターから時速100㌔で2時間半掛かる。

  斉藤女史は高校の同級生で、勤め先であった出版社の仲間が主催する、テニス合宿によく誘ってくれる。私はいつも日帰り。
いつも「斉藤」とか「敏子」とか呼び捨てであり、私が付き合っている十人くらいの仲良し同級生の一人である。 斉藤女史は高校時代、有名な美人で「肘鉄の敏子」と言われる(?)くらい言い寄る男性を退けてきた。 モテまくったのである。 それで、「私は早死にする」と美人薄命を匂わせてきたが、本人の目論見とは裏腹に結構しっかり生き延びた口である。 最近では健康の話をしている。
  私は言い寄った口ではないので、仲が良い。

さて、テニスと卓球は、30代の時にこりにこったスポーツである。 試合も何度か出た。特にテニスの公式試合回数は多い。 特別製の肩と言われた私の強肩から振り落とされるサーブは、自慢じゃないが早い。 やたら早いのであるが、やたら確率も悪い。 つまりフォルトになる確率が見事に高い。それで、相手があまり怖がらない。

  杉並区に住んでいた時は、高校の同級生が近所に何人もいて、よくテニスをしていたが、船橋に移ってからトンとご無沙汰であった。 特に最近では、肩が痛んだりヒザが痛かったりで、耐用年数を過ぎ掛けた体は、まこと調子が悪い。

  それで、好きなテニスももう出来ないだろうと諦めていたが、誘いを受けた時に丁度隙間のように、調子が良いのでやってみることにした。 若い時のような、がむしゃらなテニスではなく、シニアテニスを目指してお出掛けであった。

  結果は、散々であった。まず玉が当たらない。 軽くウオーミングアップのつもりで、斉藤さんと打ち合ったが、斉藤さんも5年ぶり。 打ち合うというより玉拾いに精を出す。 お互い、「アレ!?」「アレ!?」、空振りというか素振りというか、玉拾いだけで息が上がる。

  午前にダブルス1試合、昼食後、午後に混合ダブルス2試合し、最後の3試合目でやっと6ゲームを先取し勝った。 3試合目でやっと玉が当たりだしたのである。メデタシ、メデタシ。良い気分で帰ることができた。

   久しぶりに運動で汗をかき、久しぶりに遠出し、久しぶりに高速を走った。
今は、久しぶりに筋肉痛で足が痛い。忘れていた運動による疲労感を思い出した。

   「皆さん!お久しぶり!」



田屋のアート講義は、‘09/4/23(木)を以って終了しました。

「研究所レベル」・「大人コース(中・上級)レベル」・「大人コース(初級)レベル」・「キッズコース」・「高齢者のための絵画指導」の五講義(各60テーマ)は、左欄のカテゴリーで、閲覧出来ます。

   



スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/674-93b3e0c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)