fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

アート徒然日記 ‘10/04/8(木)
<お花見>

   4月4日の日曜日にお花見に行った。

町内会のお花見が、ちょうどこの日であったが、どうも天候の加減でこの日が今年の日曜日、最後のお花見になりそうなので、町内会のお花見には出席せず、手賀沼の桜を見に行った。

   手賀沼の桜とは、茨城県の県境近くの手賀沼にある、隠れたる桜の名所のことである。
川沿いに両側ズラリと桜の木が植わっており、満開時には壮観な景色となる。近所の人しか知らない、知る人ぞ知る桜の名所であり、ここ数年毎年行っている。

手賀沼ドライブコースと名付けたコースの途中にある場所であるが、女房殿お気に入りの場所でもある。 この時期には、手賀沼に向かう途中の船取線(船橋・取手線、今の船橋・我孫子線という県道)を高柳の方に左折すると、その先にカタクリの花が群生する「カタクリの丘」というこれもまた名所があり、桜を見に行く時は、同じ時期に咲くカタクリの花を見に行くのが習慣となっている。

桜だけがお花見ではない。 桜とカタクリの花、こぶしと木蓮、れんぎょに遅咲きの梅が、4月上旬には一辺に見ることができる。 我が家のお花見は、まさにお花見なのであり、4月の巡回コースとなっている。 だから最近は、車を運転するため、お酒を飲みながらのお花見にトンと縁がなくなってしまった。 これが、ちょっと残念。

よく絵描きだから自然が好きだろうと言われる。 しかし、これは単なる誤解で、絵描きには大きく分けると2種類あり、自然を愛する自然派と自分の精神世界を愛する精神派に分かれる。私の師匠は典型的な自然派であり、私は典型的な精神派である。 したがって私の場合のお花見は、単なるオッチャン的趣味の話で、100%絵とは関係ない。

変われば変わるものである。この私が花を見て回るのだから。 

人生もまた花に似て、時期が来ると楽しみを増やす。

そういうこと。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/673-82dc057c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)