FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

アート徒然日記 ‘10/01/25(月)
<夢>

  最近、中学生が多く入ってくる。

今年に入って、3人入会したのだが、わが教室の中学生は、これで8人になる。 そのうち、キッズコース上がりの中学生は、3人である。
キッズコース上がりの中学生は、キッズコースに友達がいることが多く、そのまま、キッズコースに留まるものであるし、敢えて大人コースの時間帯に組み込まない。 それはそれで良い。

しかし、中学生になってから入会する子は、初めから大人コースとして入会する意識があるためか、大人コースに違和感を持たないし、そもそも目的が違う。

中学生となれば、 他に運動もあるし、楽しみ方はいくらでもある。 選択肢の多い中で、わざわざ絵を選択するのであるから、美術系の高校受験のためとか、美大受験のためとか、他の何よりも絵が好きだからとか、具体性がある。
     動機がハッキリしているし、何より絵そのものに、または将来的な自分の絵に夢を感じているところが、小学生と決定的に違う所であろう。   

    つい最近、中学1年生の男の子が、絵を描きたいと入会した。 

絵を描きたいのだそうである。 色々な面白いこと、楽しいことを押しのけて、絵を選択したのである。
やはり、中学生でも女子が圧倒的に多いし、男子中学生では、大変珍しい。 描きたいという衝動が、全てに勝ったということだろうし、とりもなおさず、 彼は、絵に夢を感じたのであろう。 

もし、その中学生が高校受験、大学受験と続く中で、絵に対する夢を忘れることがあっても、きっと落ち着いたら、絵のことをまた思い出すのではないかと想像する。  夢とは、自己の欲求の行き着く先であるので、そう簡単には忘れない。 いつまでもくすぶるのである。 この子もそうであると私は思う。 


夢はどこにでもある。 欲すればどこにでもある。 ちょっと目を向けた絵の世界でも、入り口こそこじんまりとしているが、中は無限の広さがある。 広大なスペースの中に、夢と情熱がズッシリと詰まっている。 

人は、夢を語る時に、遠くにあるように思い、また遠くを見つめたがるが、遠くにある夢は、幻であることがほとんどである。 幻は、手に入らない。 それで、夢とは手に入らないものと、決めたがる。 

なぜ、そんなに遠くを見なければならないのか?

それは自分の周りにある夢に気が付かないから、遠くを見るのである。 

自分の周りにある夢になぜ気が付かないか?

それは、何もしていないからである。 

物事には、順番がある。 何かをして初めて気付くものがある。 そして、それを辿っていくのが、ものの順番である。 辿るから、気付き、気付くから辿るのである。 そしてそれから夢を見る。 だから、夢想家の夢とは、違ってくる。

夢は叶えてこそ意味がある。 夢は、人間が生きるための糧であるし、情熱の源である。 それをアヤフヤにしていては、元気は出ない。

自分がほしいと思ったところに夢はある。 いつの世も、どんな時も、夢は求める者のそばにある。  
そして、より良い明日は、今日の情熱によって築かれるものである。



田屋のアート講義は、‘09/4/23(木)を以って終了しました。

「研究所レベル」・「大人コース(中・上級)レベル」・「大人コース(初級)レベル」・「キッズコース」・「高齢者のための絵画指導」の五講義(各60テーマ)は、左欄のカテゴリーで、閲覧出来ます。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/663-cebc8571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)