fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

アート徒然日記 ‘09/12/15(火)
<メリークリスマス>

    私は、元よりクリスチャンではない。 しかし、12月25日はメリークリスマスなのである。 
私がものごころ付いた時から、メリークリスマスだったので、こればかりは、年間行事としてあっても仕方がない。
ところでクリスマスソングとして、一番ぴったり来るのは何であろうか? 

小さい頃は、ジングルベルだった。その後、ホワイトクリスマスだったり、赤い鼻のトナカイだったりしたが、今では、やっぱり、山下達郎の「クリスマスイブ」に尽きる。
    
あれは、名曲です。 と、言ってしまおう。 一時期必ずクリスマスになると巷にこのメロデイーが流れたものであるが、最近は大分下火になってきた。 クリスマス賛歌ではなく、クリスマスの時の失恋の歌なのが問題なのかは分からないが、私個人としては、毎年この時期に流れていてほしい曲である。

昔話になるが、20年前、新宿の伊勢丹の道路を挟んだ向かいに、丸井デパートファッション館(当時はそういう名称だった。今もそうかは知らない)があった。 ここで、11月の前半にあるイベントがあり、私も参加したことがあった。 
スポンサーがさるスキー場で、ファッション館前に特設ステージが設けられ、ステージの正面の壁が横7メートル高さが3メートルくらいあった。 私の役目は、この壁に観客の前で絵を描いてみせるアート・パフオーマンスであった。 

皆さん、このサイズは想像出来ますか?  

何しろバカデカイ! 私も初めての経験であったが、初めから想像出来たら、私も引き受けなかったと思う。 若気の至りである。 

この壁から歩道の方に突き出たステージの端までは、6,7メートルくらいあったと思うが、その端に立っても絵の全体像は分からなかった。 つまり、描いている間は、絵を確認出来ないのである。 それを観客が見ているわけで、描いている本人は、分からないまま描かなければならない。これは、恐怖であった。

休憩時間に、信号を渡り、道路の反対側の伊勢丹の前に来て、やっと何を描いていたのかが分かるという状況であった。
ほとんど勘で描いたのに、結局バランスの良い結構良い出来の作品になった。 運が良かった。 スポンサーが気に入って買い取るという話まで出たが、金額の問題の折り合いが付かず、受注側のテレビ会社が間に入っていたので、話がこじれた。

さて、こんな話しを持ち出したのは、そのイベントの最中、山下達郎の「クリスマスイブ」が繰り返し掛かっていたからである。 11月だったが、スポンサーがスキー場なので、装いは12月の気分を出していた。
   イベントの三日間、ズーとこの曲を聴かされ続けたので、いいかげん耳タコであったが、その後、年末になると、この曲を思い出すようになり、今日に至っている。
   
メリークリスマス!  そして 「クリスマスイブ」



田屋のアート講義は、‘09/4/23(木)を以って終了しました。

「研究所レベル」・「大人コース(中・上級)レベル」・「大人コース(初級)レベル」・「キッズコース」・「高齢者のための絵画指導」の五講義(各60テーマ)は、左欄のカテゴリーで、閲覧出来ます。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/658-352077c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)