FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

味わいで描く <高齢者のための絵画指導(入門編)> ‘09/4/17(金)
   味わいで描くには、どうしたら良いでしょう?
サッと答えることが出来る人は、少ないと思います。

   わが教室でも、絵手紙がメニューにあります。しかし、筆の先っぽを持って描くようなことはしません。
   なんで、あんな持ちづらい描き方をするのか、私には分かりません。
絵画教室で教える絵手紙は、もっと合理的です。

   本来、絵手紙に本家本元はないと、私は思っています。ですから、各先生が、自分のなりの教え方をしてると見てますが、なんだか、絵手紙の本を見ると、皆が皆、持ちづらい描き方を練習するように指導しているのは、理解に苦しみます。

   絵手紙は、具体的な相手に出す伝達手段です。文章だけではなく、絵との組合わせで、伝達内容を具体化しようとする趣旨があります。
   したがって、重要なことは、何を伝達するかになると思います。

「おいしいきゅうりのオシンコを、いただきました」と、文章に書きたければ、絵としてはおいしいオシンコが描かれていてほしいですよね。

   それが、いざ、描いてみたら、スーパーで買って来たばかりの、新品のきゅうりになっては、具合が悪いのです。

   これでは、伝達失敗です。そうかといって、「新鮮なきゅうりをいただきました」と書き直せるものでもありません。

   ここは、是非とも新鮮なきゅうりを、オシンコにしないとなりません。
これが、絵的に見ると難しいところです。私は、そこを指導しています。それが、本来の絵手紙としての役割であるし、伝達効果というものです。

   ヘタでも良いという言葉があります。このことに異論はありませんが、伝達技術は必要だということです。

   さて、味わいの話ですが、なぜ、筆の先っぽを持って描くのかは、味わいを狙った描き方ではないかと、推測します。およそ描きづらい描き方です。
   きれいな線が、引けるものではありません。それで、きれいな線を引かせないために、つまり、ゆらゆらした線で、味わいの効果を出そうということだと思います。

   しかし、これも絵的に見ると、首を捻ります。

味わいは、滲み出てくるのが味わいというものです。ワザと出すものではありません。
   上手く描けない人が、一生懸命に描いたところに、つたない線の一つ一つに、味わいが滲み出てくるものです。

   それが、本来の味わいです。

また、筆達者な人が、味わいがないわけでもありません。問題は、心の中なのです。100%精神的なものです。
   絵手紙を何百枚も描いていくうちに、味わいが少しづつ、少しづつ出て来るのです。

   味わいは、一つの境地です。何百枚、何千枚と描いて、やって手に入れるものです。
   ゆらゆら、陽炎のように線を揺らせば、出て来るというものではありません。

だからこそ、貴重だし、そういう絵をいつの日か描きたいと、願うのです。
   
   お分かりいただけたと思います。
絵手紙を描くにしろ、水彩画にしろ、油彩画にしろ、滲み出て来る味わいを楽しみにして、描きましょう。
   私は、趣味で絵を描いている人で、味わいを出す人を何人も知っています。

味わいとは、その人本人が、絵の中に出て来ることなのです。ですから、年輪を重ねた方のほうが、断然有利だとは、思いませんか。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/626-1682efae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)