FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

自然をめでる <高齢者のための絵画指導(入門編)> ‘09/4/15(水)
   「自然をめでる」、そんな気持になってみましょう。

皆さんは、自然の中を散歩したり、散策したりすることは、もちろん好きであると思います。
   ですから、今更、「自然をめでる」とは、奥がましいのですが、絵画指導の一端と思って付き合って下さい。

   皆さんが、散歩しながら、何を考えるかが、ポイントになります。
「あーいい天気だな」「空気がおいしいなー」「ぽかぽか陽気だ」・・・・・

   と、のんびりした気持で散歩することでしょう。それはそれで、楽しいことですが、絵を描く身としては、それだけでは、ないのではないでしょうか。

   例えば、絵手紙を描いている人は、ちょっとした、花のツボミに目が行きませんか。
   可愛いツボミを見つけましたが、あいにく、絵手紙の道具を持って来ていません。それで、ここは、練習のつもりで、頭の中で描いてみようと思い立ちます。

   まず、ハガキのタテヨコをイメージして、タテ描きか、ヨコ描きかを決めます。
よし、タテにしよう。
   続いて、ハガキの真ん中よりやや上に、可愛らしいツボミを描きます。最初は、線描きですね。目でカタチを追います。
   「やや、この葉っぱが一部ひっくり返って、葉の裏側が見えているとこなどは、難しそうだな」と、思わず独り言を言ってしまいます。

   カタチが何とか取れました。やれやれ。

次は、色を塗ります。ツボミが色ずんでくれていると、そこだけワンポイントに色をのせられますが、そうでないと、たいていは、黄緑です。

   先端は、黄緑を薄く、下の方に下がって緑がちょっと濃くなります。
「ここは、黄緑を先端にちょこっと塗ってから、すぐにその下の緑を、他の筆で塗らなければ」
   と、また独り言を言いそうになります。

そーと先端に色を塗って、他の筆ではなく、その筆を洗いますか。洗いました。ツボミから自然な感じで、緑色と続けたいところです。

   さきほどから、他のご夫婦の方が、覗き込んでいます。
「何をしているのだろう?」

   作者は、立ち止まって、ツボミを見詰めたまま、動きません。

ハッと気が付き、他のご夫婦に言い訳をする。
   「いやー、可愛いツボミですね」「本当に可愛い」

ご夫婦が、通り過ぎて行く後ろ姿に一瞥すると、作者は考える。
   「人だかりがする前に、早く描いてしまおう」

自然の中を散歩しながら、そんな想像力豊かな体験が出来たら楽しいじゃありませんか。どうでしょうか?
   毎回では、気楽な散歩になりませんが、たまにはどうでしょう

そんな自然のめで方もあります。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/624-47fce56f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)