FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

自分なりの工夫 <大人コース 中・上級レベル> ‘09/4/10(金)
   制作をする時には、皆それぞれに工夫をするものである。

道具を工夫することもあれば、作業方法に工夫する人もいる。
   そういう工夫も絵のうちであると考えてもらいたい。

私も道具は、色々作ったが、最近のものでは、画面の絵具を平にならすものを作った。
   初めは、ペインテイングナイフを使っていたのだが、画面が次第に大きくなるにつれ、市販のものでは、間に合わなくなった。

   それで、ならす部分が25cmのものや、35cmのものとか、板を削って作った。

また、ある時、和紙に描いていたら、画面が乾いてから紙が一箇所オデキのように飛び出した部分があった。
   紙を剥がしたら、小さなアクリル絵具のカタマリが、紙の裏に張り付いていた。

和紙は、小さいものだと、約100号サイズの硬質ガラスに貼り付けて描く。その時は、大量に水を使う描き方をしていたので、和紙が乾くとガラス板に張り付いてしまう。
   それで、ガラスに凹凸があると、それがそのまま画面に浮き出てしまう。

そういう予定外の結果を嫌い、紙を貼る時には、ガラス板をよく拭いてから貼るのであるが、たまたまアクリル絵具の乾いた塊が残っていたのだろう。

   その絵具の塊を見ていて、ふと思い付いた。これだけ小さな塊が、画面に影響するなら、利用することも出来るなと、思い付いたのである。

   裏ハンコと命名した。画面の裏から押すハンコである。

何度も色々なハンコを作り、表地にどれだけ影響するか、やってみた。きっと誰かがとっくにやっていることであろうが、こういうことは、自分で思い付くところに意味がある。
   
   何かに惹かれるように、夢中になった。

そのうち、ハンコの厚みにポイントがあることが分かった。
   適当な厚みのビニールを買いに行った。テーブルの上に引く厚手のビニールである。
   テーブル用だと、大きいものがある。

それを買って来て、模様上にカッターナイフで、いくつも切り抜いた。これだと凹版になる。本当は、凸版の方が効果があるが、凸版は作るのが難しかった。

   この方法で、130号の作品を作り、毎年出品している上野の展覧会に出した。
誰も何とも言わなかったけれど、一応自分なりの工夫はしていたのである。

   自分なりの工夫は、道具にしろ、方法にしろ、人がそれに気付くのは稀である。しかし、作者は、人の気が付かないところで、工夫し努力するものである。
   それが、制作するということである。

そして、そういう地道な努力は、いつの日か、個性的な制作を生み出すのである。
   自分なりの工夫をしてみよう。そう考えることが大事である。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/619-6f0bf8c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)