fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

ぬるま湯 <エピソード>

  この夏の収穫として、ぬるま湯につかることを、発見した。 


  何をいまさらと、言われそうだが、私は、お風呂は、カラスの行水である。2秒位しか湯船につからない。そんなら、なんでつかるのか、私にもよく分からないが、習慣であろう。  


  温泉に行っても同じ。それでも、10秒。それ以上は、いらいらしてしまう。時間の無駄に思える。湯船でゆったりつかる神経は、私の謎であった。  


  この夏、暑いので風呂に入りたくなかった。風呂上りの汗は尋常ではない。暑いときに熱い思いはしたくない。それで、ぬるま湯を思いついた。体温よりちょっと高い温度、冬ならば、完全に風邪をひく温度に、設定してみた。  


  これが、いい。私は10分以上も湯船につかっていた。体温よりちょっと高い温度、寒くもなく、熱くもない、夢の温度、38度。私のぬるま湯の温度である。もちろん夏用。体をソソクサと洗うと、ゆっくりと湯船につかる。今度、一日中つかってみようかな。 もちろん、夏用38度で、ゆったりと!

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/61-f2162205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)