FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

面倒がる子 <キッズコース> ‘09/3/20(金)
   子供は、面倒がる。

教室で、今日の作業を説明すると、「エー面倒くさい!」と言われることは、度々である。
   
   以前、火曜教室の子が、特に言っていたことである。
毎回なので、サービスであげている飴を、1回言うと、次週分が1個減るとした。
   それからは、さすがに簡単には言わなくなったが、私の理屈は明瞭である。

絵の教室は、面倒くさいことをワザワザやる所である。絵にしても、工作にしても、考えてみれば面倒なことばかりである。
   そこに希望して入って来た子が、「面倒とは何事ぞ」というのが、理屈である。

だから、私は単純に腹を立てる。

   今では、その罰則はない。人数が増えてやりたくても出来なくなったからである。
   「面倒くさい」と誰が何回言って、誰と誰から何個飴を取り上げるか、とても管理しきれない。そのくらい頻繁に言う。
   それに、子供は記憶が良い。間違えると大事である。それこそ面倒くさい。

今は、面倒くさいと言うと、余計面倒なことをやらせている。面倒が面倒を生むのである。そういう教育をしているわけではないが、絵の教室は面倒臭いことを避けて通れない。そのことは教えたい。

   水曜教室にMちゃんがいる。小学3年生の女の子である。
その子が、絵本の模写をすることになった。教室に置いてある、何冊かの絵本の中から選んだのが、「しらゆきひめ」。

   パラパラとめくった感じが良かったのであろう、それを描きたいと言う。1冊全部である。それなら字も入れて、本と同じ大きさに描けば、オリジナルのMちゃんの絵本が出来ると言うと、やる気満々になった。

   さて、いざやる段になって、ハタと困ったらしい。「しらゆきひめ」には7人の小人が登場する。
   それも、ほとんどのページに出てくるのである。7人とも。

「先生、7人も、とても描ききれない。減らして良い?」
   Mちゃんがトンでもないことを言い出した。
「白雪姫と7人の小人」は、今や世界の常識である。減らして良い問題ではない。
   
   しかし、この問題は、結局私が折れるカタチとなった。小学3年という学年を考慮したことと、折角やる気になっているので、迅速な対応が必要であった。もたついていると、やる気を失くす。

   でも、本当に7人は描けないのであろうか?3人描ければ、7人も描けるはずである。
   Mちゃんは面倒くさかったのであろう。おそらく、それが当たっていると思う。

さて、Mちゃんの描いた「しらゆきひめ」は、その後完成した。Mちゃんは、7人の小人を半分に減らすと言うので、Mちゃんの描いたのは、「白雪姫と3.5人(?)の小人」である。

   各ページに3人は登場する。あとの0.5人はページの端で体が半分だけ登場するのである。どのページもそうなっている。
   
   まっ、描き上げたのだから、ツベコベ言うまいが、そういう調整する方がよほど面倒くさいと、私は思うのだけれど、いかがでしょうか?
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/598-e22a7994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)