FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

何事にも素直に <大人コース(初級)レベル> ‘09/3/19(木)
   「絵が上手くなる人は、素直である」と言う言葉がある。

今回は、そういう話をしてみよう。

   人の言うことを聞かない人間がいる。頑固で自分を主張するタイプと言うべきか、絵描きにも、こういうタイプは多い。
   絵を習いに来ている者で、たまに稀に、こういうタイプが来ることがある。

もし、少し一般レベルより腕が上だったりすると、他の生徒さんからは、頼もしく映るのではないだろうか。
   「あの人は、先生に対しても自説を曲げない」「すごい人だ」

と思う生徒さんが現れそうである。
   では、本当にその人はすごい人なのだろうか?

その回答をする前に、先生とその人の関係を決めておこう。
   その人が、先生を尊敬してなければ、逆らうこともあるだろう。ちょっと生意気な人間なら、先生の言うことは聞くまい。
   だから、一応先生に対する侮蔑の念はないものとすると、どうなるか?

もし、先生に対する侮蔑の念がなくて、性格上そういう態度を取ったなら、言えることはただ一言である。

   その人は、馬鹿である。

絵の世界では、相手にされない典型的なタイプということになる。
   なぜ相手にされないかと言えば、そういうタイプは、それ以上成長しないのである。

   絵の世界は、楽しく、有意義で、大変面白い世界であるが、反面自分一人で歩けるような容易な世界でもない。先生を無視して、自分一人で歩けるような、簡単な場所は絵の世界にはないのである。
   もちろん、絵をまだ理解してない人の場合である。

ということで、小生意気なこの人は、大変な勘違いをしていることになる。どこかで気が付くような、気の利いた性格ならまだいいが、そのまま頑固だけなら、まっ、絵は辞めた方が良い。見込みがないとしか言いようがない。

   もう十分、分かったと思う。素直に耳を傾ける者こそ、勝利するのである。素直さこそ宝である。   そう考えてもらいたい。
   私でも、わが師匠の映周先生に、アレコレ言われる。今では、私に言ってくれる人間は少ないので、有り難く拝聴している。

   私も先生の前では、未だに素直な人間になる。それで良いのである。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/597-c8b9ef92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)