アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

自信と過信 <大人コース(初級)レベル> ‘09/3/18(水)
   自信を付けることは、良いことである。

自信はエネルギーを生む。そういう意味で良いのである。ただ、それも行き過ぎると、負のエネルギーを生む。今回は、そういう話をしてみよう。

   絵を始めたばかりの人に、自信の話なんて、早いと思うかもしれないが、そうでもない。
   自信は、始める前と始めた後一ヶ月後では、確実に自信はついて来る。そういうものである。そうでないと二ヶ月目はやって来ないはずである。
   皆、少しづつ自信を付けていくから、続けられるのである。気付かない内に付く自信もある。
   初めの内は、気付かない内に付く自信の方が多いかもしれない。

わが教室で、デッサンをしている人がいる。この人不器用である。だから、中々デッサンが上達しない。
   やはり、絵は器用、不器用は影響する。才能とは違う。趣味の世界で才能云々は関係ない。才能が問題になるのは、プロの世界の話である。

   この人が言う。
「先生、中々上達しませんが、少しは上手くなっているのでしょうか?」
   私が言う。
「絵は、すぐには上達しませんよ」「だから、あせらずに辛抱強く描きなさい」
   実際、返事に困った。

月デッサン2回の後、もう1回色鉛筆練習で来るようになった。写真で撮った花や花壇を描くと言う。
   写真を見ながら、描いているのを見ていて、案外上手く描くのに驚いた。
「上手く描けるじゃない」と言うと、本人が言った。

   「先生、デッサンしていたら、知らない内に描けるようになっていました。前だったら、絶対描けなかった」

   実際、そういうことがある。その人が自信を付けたのは、言うまでもない。何のためのデッサンか分かったようだ。
   人が自信を付けるということは、思わぬことが多いかもしれない。

そもそも、上手く行かないから、自身が付かないわけだけど、ではそんなに上手く行かないかを考えてみると、意外なことに気が付く。

   それは、少しずつレベルを自分で上げていることがある。
つまり、初めは簡単なものを描いているが、次には少し難しいものに挑戦しているということである。
   そして、その次もという具合にレベルを自然に上げるが、結構本人は気が付かない。

   それで、ある時、簡単なものを描くと、簡単に描けるので、そこで初めて成長している自分に驚く。

   そういうことに心当たりは、ないだろうか。

さて、それでは、ここで過信の話をしてみよう。さすがに初心者には、過信の話は早いと思うかも知れないが、さて、どうだろうか。

   過信と自信は、背中あわせと言って、分かるだろうか?

自信が知らない内に、身に付くように、過信も同じく身に付くということである。
   どういうことかといえば、ある自信を付けたとしよう。

例えがあった方が分かりやすいので、例えると、水彩を描いている人が、空の描き方を覚えたとする。
   空の部分に水を引き、その上からヨコに筆を運ぶ。ならすように筆を運んで何回かやっているうちに、上手く出来たとすると、本人は相当自信が付くだろう。

   それで、次の他の制作の時に、やはり空を描くことになったとする。恐らく、心の中では、空は何とかなると思うのではないだろうか。

   ところが、今度は中々上手く行かない。
「エッ!どうして?」

   ありがちなことである。これが過信。

人は、経験したことから、次を予想するが、初心者は、いかんせん経験不足である。
予想が外れることが多い。それで、また自信を失う。自信と過信を繰返すのが、実は初心者なのである。
   気にすることはない。少しづつ学習しましょう。

そのうち、その経験と予想の誤差が縮まる。それが、「慣れ」というものである。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/596-5e4c14dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)