fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

鉛筆で描くか、ペンで描くか <高齢者のための絵画指導(入門編)> ‘09/3/4(水)
   さて、鉛筆の他にペンという手もあります。
ペンは、もちろん指しペンですが、鉛筆より数段細い線が描けるのが、魅力です。

   ペン画については、これもやはり以前、「ペン画の可能性」で書きましたが、ペン画というより、ペンという絵具の紹介がほとんどでしたが、今回はもう少し踏み込んで、鉛筆で出来ること、ペンで出来ることを比較しながら、鉛筆画とペン画について話を進めましょう。

   鉛筆とペンの一番の違いは、やはり線のクリアな度合いでしょう。ペンが鉛筆より圧倒的にクリアということです。それはそれだけ硬質な線と言えます。それに比べ鉛筆は、硬いH系を使っても、ペンの出す硬質感には遠く及ばない。

   つまり、鉛筆のほうがソフトであり、ペンのほうがハードであると、分かり切ったところに行き着きます。

   さて、そうなると、鉛筆で描くか、ペンで描くかで、描いた絵は相当変わりそうですね。それに、鉛筆はこするとぼやけるし、消しゴムで消すことも出来る。

   Bから始まるB系の鉛筆だと、4B以上のソフトタッチは、ペンではマネの出来ない柔らかい質感を出します。

   こうなると、あなたなら、どちらを選びますか?

何を描くかで決まりそうです。

   森や木のある風景を描いたとします。鉛筆だと、まず簡単な当たりの線を入れることが出来ます。ここまでが森、その先に空があり、真ん中下側が野原、右手前に細い木々が数本とか、描き始めに、薄く大体の位置を描きます。

   それから、描き始めます。あたりの線があるので、安心です。間違ったら、消せばいい。鉛筆画ですので、色は塗りません。色鉛筆も鉛筆ですが、この場合は普通の鉛筆だけで描いたとします。

   色を塗らない分、雰囲気を出すのに、やはりこすりましょう。
鉛筆のいいところです。そうやって描き込んで完成。

   次にペンで描いたとします。しかし、この場合指しペンで風景を描く人は、少ないと思います。なぜなら、蓋を開けたインクを手元に置かなければならないこと、それがこぼれやすいことから、不便なわけです。

   屋外で描く時は、万年筆を使うとか、人によってはボールペン、サインペンを使う人がいます。また、屋外でのスケッチは、速く描きますので、指しペンだと慣れていないと、中々上手く描けません。

   ということで、屋外では指しペンは、使いづらいことになります。
屋外では、鉛筆の勝ち。

   さて、今度は部屋の中で、描いてみましょう。部屋の中なので急ぐ必要はありません。テーブルの上の花の入った花瓶を描いてみましょう。

   画用紙の上の方に花を描きます。ガーベラとしましょう。サッと力を抜いてガーベラの花を描きます。中心を描いて、花びらをたくさん中心にくっつけていきます。茎を描いて葉っぱを描いて、間違っても訂正できませんが、間違った線はそのままにして描き進みます。

   花瓶を描いて、花瓶の模様を描いて、そして最後に筆を使って黒くアクセントを付けます。ペンは線が細いので、弱く見えるのですね。だから、黒いアクセントを付けます。

   花瓶とテーブルとの接点の所に影として、ちょっと、筆を入れます。花瓶の模様のところにも、ちょっと入れましょうか。それで完成。

   ペンは黒い線のクリアさが、鉛筆と違います。白い紙にそのままクリアな黒い線が入りますので、出来上がりは、色を入れなくてもハッキリとした主張をしてくれます。そのまま額に入れてもいいような作品的な感じは、鉛筆も後ずさりします。

   このクリアさは、鉛筆にはマネが出来ません。ペンの勝ち。

もうお分かりですね。鉛筆はこすったりして出来る面で雰囲気を出します。ペンは、その黒い線自体で、雰囲気を出します。

   どちらも、良い絵の道具です。ですから、鉛筆でも描くし、ペンでも描く。それが、正解。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/581-24b936f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)