FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

季節を追う <キッズコース>‘09/2/17(火)
   キッズコースでも季節を追うことはある。

水彩の日というのが、メニューにある。水彩絵具を練習する日であり、マンガ以外なら一応何を描いても良いと言っている。
   水彩は、面倒なので嫌がる子も多いが、水彩は結構大人でも難しいものである。それで、定期的に練習している。

   その水彩の日に、ある子が質問した。「先生、季節が違っても良い?」
その日は2月の始めであった。 夏の絵でも思い浮かんだのかもしれない。当然良いと返事した。水彩の練習になればいいので、季節は問わない。

   しかし、今の季節を描きなさいというメニューもある。水彩で描くこともある。そういうメニューの狙いは、季節感の把握である。この場合は、季節が違っては意味がない。

   日本は、四季の国である。今の子供が、どれほどそれを感じているかは、分からないが、大人としては、季節を感じることは、良いことだと思っている。
   日本の春のイメージ、夏のイメージ、秋のイメージそして冬のイメージと、それぞれ特徴を持ち、それに伴って行事や催し物もある。

   春には桜が咲き、新学期、新入生、暖かくなり陽も大分伸びる。何かを新しくやってみたい時でもある。

   5月は男の節句、連休があり、一段と暖かくなる。行楽シーズンでもある。6月に入って、梅雨。ジメジメして、空はどんより紫陽花が印象的に雨の中に咲く。

   夏の到来、梅雨が開け一気に温度が上昇する。子供たちにとっては、待ちに待った夏休み。アッチコッチで花火大会。8月猛暑。プール・スイカ・ぶどう・海水浴・森林浴。夏祭り・ゆかた・縁日。

   9月残暑。まだ暑い。
10月、ようやく残暑が和らぐ、秋到来。11月紅葉、秋の夜はつるべ落し、急速に、陽が短くなる。
   12月師走。クリスマス・大晦日
1月、新年。参拝、成人式。
   2月梅が咲き、豆まき。3月ひな祭り、公園の木蓮が咲き始める。卒業式・卒園式。

   一年が経つ。

子供たちは、何を考えどう過ごしたのだろうか。
   今の季節を描きなさいと言うことは、今の季節を刻みなさいということ。出来るだけその季節をイメージさせる。
   この季節にはこんな行事があるよ、こんな食べ物があるよとヒントを与える。

そして、それをたくさん描いてもらう。描くことによって、季節を頭に定着させるのである。
   日本の四季を実感してもらいたい。春から一気に夏休みまで飛ばさないように、しっかりと感じ、描いてもらう。
   
   キッズコースでは、そんな季節の追い方をしている。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/566-6336c07c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)