fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

ちょっと芸術論 <エピソード> ‘09/2/7(土)
   私の大学時代、友達がこんなことを言った。

「一番芸術性があるのが文学で、二番目が絵画、三番目が音楽だ」
   何を馬鹿なことを言うのだと、思ったものである。   

当然議論となった。この順番が、彼の好みの順番と言うのが論点である。親しんでいるものの単なる順番で、芸術を語るなというのが、私の言い分。
   馬鹿な男ではない。むしろ、頭は良い方である。

それで、しばらくは内緒で、彼の言った順番について考えた。どうしてそう考えたのか?
   文学・絵画・音楽の芸術性の格付けを出来るものではない。友達は、自論の正当性を主張したが、どんなことを言ったのかは、覚えてない。こちらも興奮していてほとんど聞いていなかったのかも知れない。
   友達も若かったのである。せいぜい20才そこそこ。無茶を言っても仕方ない。今思うと相当無茶な断定である。

   例えば、フランス料理と中華料理と日本料理の格付けが出来るかである。
好みは言える。しかし、その料理としての存在価値に順番を付けられるか?

   フランス料理も中華料理も日本料理も、その存在価値においては同格で、またその洗練度においても同格と考えるべきであろう。
   その優劣を決めるのではなく、それぞれのオリジナリテイーを楽しめばいいのである。

   それが、文化というものであろう。

文学・絵画・音楽も、独自の発展を遂げ、今日に至っている。それぞれが持つ特徴は、お互いに刺戟し合って、ともにお互いが、インスピレーションの源となって、係わって来た。   
   そこに、優劣は存在しない。お互いがお互いのためにあると、言っても過言ではない。

   芸術はそもそも単独進化出来ないようになっている。文学だけが、他の芸術と無縁に発展進化することは出来ない。それは、何万、何十万の芸術家たちのクロスオーバーが生み出した結晶であるからである。

   文学者は辞書とペンと紙だけで、文学を生み出せない。画家しかり、音楽家しかり。
   頭の中から、ポンとアイデアがいきなり出てくるほど芸術は、単純ではない。

芸術は、単純から生まれない。混沌が芸術を生む。混乱した複雑な感情が混沌を生み、混沌が飽和して芸術的要因が出来る。

   その芸術的要因に、他からの複雑な因子が絡み、より複雑化していく。そして、他のジャンルからの影響が降り注ぎ、影響され、変化し、その中から発想して、一つの形が生まれる。それに、次世代の人間が影響を受け、進化させ、クロスオーバーし、また何か違うものを生み出す。

   それに、他のジャンルが影響され、発想し、その感覚が飛び火して、またさらに他のジャンルが変化していく。

   芸術とは、進化し、変化し、洗練され、発展していくものである。常に同じ場所に留まらない。様々なものを含有しながら、人々の夢の方向へと流れていく。

   その夢の行き着く先は、あまりにも遠くて見えない。ひたすら、夢に埋没するのか、繰り返すのか、破滅するのか誰にも分からない。

   ただ、芸術は、あらゆる芸術家たちの夢と情熱を抱え込みながら、熱い火の玉となって、転がって行くだけである。

   その先が闇でも、ひるむものではない。ただ、自らの衝動の中に全てがあり、理想が衝動を先導する。
   絶え間なく湧き出る魂。 絶え間なく突き進む情熱。有意義も無意儀も全てを包括して、前進する無限のエネルギー。

   それが、芸術。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/556-cba91cc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)