FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

職人の仕事、アーテイストの仕事 <研究所レベル> ‘09/2/6(金)
   この区分けは、意外と難しい。
普通に考えると、職人は職人だし、アーテイストはアーテイストのはずである。
   
   ある時、わが教室の生徒さんに、どう違うか質問された。厄介な質問をすると思った。中々的確な回答は、出来なかった。それでここで整理してみる。

   職人とアーテイストの簡単な分け方はある。しかし、それが全てにおいて、通用しないので困るのである。

   ここで、その簡単な分け方をご紹介しよう。これは、あくまでも私の考えである。

まず、職人とアーテイストとの違いは、金銭が絡むか絡まないかである。その次が夢を追うか、伝統または技などを守るかとの違い。この四つの要素で説明出来るはずである。

   始めに説明できる方から行こう。

ご存知のように、職人は金銭を頂戴して仕事をする、純然たる職業である。だから、お金が取れるようになって、一人前という言い方がある。そのため、修行は厳しいものになる。

   職人は技術の世界である。感性も大事であろうが、まず、技術を身に付けないと始まらない。例えば、パン職人なら、パンのこね方、焼き方など勉強することは、たくさんありそうである。
   しかし、勉強することが、たくさんあるからといって、10代から修行した者が、50代になってやっと一人前では、意味がない。金銭が絡む職人の世界では、時間が掛かり過ぎなのは、お分かりだろう。

   つまり、職人の世界は一人前になるまでに、時間的な限定がある。

ここが、アーテイストと決定的に違うところである。
   アーテイストの場合は、生み出すアートがマシな物になるのが、何年掛かってもいいことになっている。本人の勝手である。マシな物になったからといって、お金を取れる保障がないからである。

   さて、夢を追うか否かの話しをしよう。

アーテイストは、自らの夢を追いかけるのが仕事である。文化の先頭を切って行くのがアーテイストの使命である。そのため、金銭の保証がない。
   作品に金銭が絡むか絡まないかは、人それぞれで、それを以って、優劣を決めるものでもない。
   金銭が絡むか絡まないかは、作品が人々に多く、好まれるか好まれないかを証明するだけである。芸術的価値とは別になる。

   では、職人はどうかといえば、夢を追いかけるのが職人の仕事ではない。伝統工芸の世界なら、伝統を継承し守り、次世代に伝えていくのが、仕事となる。
   パン職人が、夢を追いかけて、食べていけないのでは、困るだろう。やはり、技術・技法を勉強し守り、発展させることが、仕事になる。

   ここで、まとめてみると、アーテイストは、夢を追いかけるから、金銭が絡まない。
   職人は、世間が必要としている技術を身に付けるので、お金が取れる。
アーテイストが前向き、職人は後向きと言える。もちろん、職人の後向きは、過去を見ているという意味である。

   と、ここまでは、すんなり行く。そこで四つの要素を、まぜこぜにすると、話がややっこしくなる。

   16世紀のルネッサンス時代、絵の工房があり、10代の前半から若者は絵の修行をした。この工房は、今で言う絵画教室や研究所とはちょっと違う。絵の職人の場であったろうと思う。つまり、技術を習得すれば、食べれる可能性が高い。
   おそらく、芸術と言う言葉は、存在していなかったのであろうと、想像する。

ミケランジェロも芸術家として見られていたか、職人として見られていたか、といことである。
   ここが、ややっこしい。

また、伝統工芸の職人が、技術を習得し、作品も評判となり、その上、夢を追いかけたら、何と位置づけたら良いかである。

   写楽や歌麿、北斎などの世界的芸術性の評価は、高い。では、当時の江戸で、彼らは芸術家としての評価があったか。アーテイストとしての扱いを受けていたか。

   その時代が、職人と芸術家もしくは、アーテイストという区分けがなく、全てを、職人として片付けていたということは、容易に想像できる。
   しかし、ミケランジェロも写楽や歌麿、北斎も職人としての一面を持っていたことも、確かである。

   現代では、職人の仕事とアーテイストの仕事は、一応区分けされている。しかし職人がアーテイストの領域に入り込むこともあるだろうし、逆にアーテイストが職人の領域に入り込むこともある。

   したがって、どのような仕事をしているかで判断するしかない。
ある時は、パン職人、またある時は、パンアーテイスト。

   こればかりは、語るに難しい。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/555-e8ebd566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)