FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

弱い形、強い形 <研究所レベル> ‘09/2/3(火)
   このこと、お分かりだろうか。
ある展覧会で、抽象画を見ている時に、この「弱い形、強い形」のことが頭に浮かんだ。
   私が見た抽象は、形が弱かった。そして、観念的な線で覆われていた。

もっと、ハッキリ言うと、絵になっていない。なんで、そんなものが展示されているのか、頭を捻るが、まあ、それは大きなお世話になるので、これ以上言っても仕方ない。

   ということで、本題に入るが、抽象画も絵である。どれほど、メチャクチャに描いても、絵の世界では良いことになっている。自由に好きに描けばいい。自由さにおいては制約はない。

   ただ、絵になってないと困る。絵になってないと分かりづらい。
今までに何度も言ってきたことであるが、絵はメッセージであると。絵は誰かのために結果的に描いていることになる。
   そう言うと、どこかのヘソ曲がりが、「いや、絵は自分のために描いている」と言いそうだが、そういう話をしているのではない。

   自分のために絵を描くのは、絵を描く動機・理由の話である。それなら、みんな自分のために描いている。しかし、表現方法とか、技術・技法、または効果ということになったら、第三者の存在を意識していないと、おかしい。

   完全に自分のためだけに描くのなら、誰にも分からなくてもいいわけだから、意味不明な記号で良いし、技術も不要である。

   絵は、あくまで結果的に、自分以外の誰かのために描く。

その誰かに、自分のメッセージ、例えば形とか色とか不雰囲気とか、迫力とか、情熱とか、人様々伝えたいことは、千差万別だろう。描いたものは、誰かと共有したいと思い、よりメッセージが伝わるように、構図を考え、色を考え、効果を考える。

   そのメッセージを伝えるために、構図や、色や、効果をパッケージにするわけである。メッセージを、より伝わりやすいパッケージでくるむ作業が、いわゆる絵を描くという作業である。お分かりだろうか。
   そして、そのパッケージを、「絵」と言う。

絵になってないということは、くるんだパッケージが貧弱であるという意味になる。

   パッケージが、貧弱では伝わるものも、伝わらない。そういうことである。
形が弱いとか、観念的な線は、そもそも伝わりにくいのである。形が弱いから伝わらないし、リアリテイーが欠如した状態が観念的なので、もちろん、伝わりづらい。

   だから、制作者は伝わりやすいものを、身に付けないとならない。弱い形ではなく、強い形、観念ではなく事実。

   私が、展覧会場で見た絵は、パッケージの作り方も知らない人物であろう。未熟と言うより、悪いが無知と言ったほうが、早い。

   さて、折角なので弱い形と強い形の説明をしたいが、これも中々難しい。一概には言えないが、鋭角より鈍角の方が強いという考え方がある。そういったことである。

   鋭角だと弱いのでたくさん描く必要があるとか、鈍角だと強いので、一つや二つで間に合うとか、そんなことだと、思ってもらいたい。

   私も、わが師匠からそのぐらいしか聞いてない。あとは、自分で考えた。だから、それをヒントに何が強いか、何が弱いか、課題として考えてほしい。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/552-fa89d879
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)