FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

アッパレ <エピソード> ‘09/1/31(土)
   世の中で、アッパレと思うことは、数多い。
イチローの米大リーグでの、8年連続200安打以上、8年連続ゴールドグラブ賞、8年連続オールスター出場は、アッパレと言うしかない。
 
   イチローは、歩くアッパレである。

タンパベイ・レイズの岩村明憲の昨シーズンの活躍もアッパレであった。よーく頑張った。

   アッパレは、漢字で「天晴れ」と書く。想像するに、単なる晴天ではなく、空が広く青く、スカッとしている様子という、意味だと思う。感嘆符も付いて。
   まことに、褒め称える言葉としては、アッパレな言葉である。

他にも、アッパレなことを、探してみよう。

   昨年、日本からノーベル賞受賞者が4人も出たことは、アッパレである。やはり、なんだかんだと言って、日本人としてウレシイ。
   また、日本人が宇宙に行くのもアッパレ、小泉首相がやりたいことやって、サッサと引退したのもアッパレ、1980年代後半のバブル時代に、土地価格が高騰した時、多くの土地を売りさばき、大儲けした茨城の土地持ちは、アッパレである。バブルの時は、普通買うことに専念した者が多い中で、売ったところが賢い。

   アッパレのこと、アッパレな人は結構多い。

身近なところでも、例えば時代劇専門チャンネルで見る、鬼平の活躍もアッパレだし、密偵たちの活躍もアッパレ、剣客商売の秋山小兵衛が絶対強いのもアッパレである。
   絶対的に強い剣客は、見ていて安心である。時々負けたのでは困る。それがリアリテイーなんだと言われては、迷惑ってもんである。リアリテイーは、嫌でも日常的な生活の中にある。

   自分の日常的なリアリテイーに我慢しているというのに、テレビドラマの中で、再確認させられたでは、堪らない。
   ロッキー・バルボアは、最後に勝つから良いのである。実際にあんな事があるわけない。だから、見るのである。
   最近見たファイナルでは、50代のロッキーが、垂れ下がった筋肉を見せつけながら、現役の世界ヘビー級チャンピオンと戦ってほとんど引き分けた。
   ここまで来ると、荒唐無稽で、口、アングリであるが、まっ、良いだろう。夢、夢である。

   話は変わるが、ケーブルテレビで、ロッキーシリーズをNO.1から続けて、ファイナルまでやっていた。嫌でも、ファイナルの時のスターローンを若い時と比べる。
   ファイナルの時のロッキーの顔を見て、最初驚いた。顔がムクんでいたのである。あーそうか、これはメーキャップだなと思った。

   戦いに備えて、いつものトレーニングを開始した時に、精悍な顔に生まれ変わるために、ワザと無様な顔にしたのだと思ったら、最後までその顔だった。
   「えッ!スッピンかよ!?」

それはそれとして、ランボーシリーズ・ロッキーシリーズとヒットメーカーのスターローンは、やはり、アッパレである。絶対的に強い剣客と同じ夢を、我々にプレゼントしてくれた。
   英雄志向、ヒーロー志向は、男なら誰でも持っている。そこを上手く、くすぐられ、上手く乗せられて喜ぶのも、また男の人生である。

   それは、それで良い。単純な手で、単純に相手の術中に落ちるのも、相手が映画ならそれはそれでいい。それも、男のアッパレである。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/549-c01f0814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)