fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

形の理屈 <高齢者のための絵画指導(入門編)> ‘09/1/28(水)
   形については、以前にもお話した事があります。
「形のとり方」というところで、説明しましたので、一部抜粋してみます。

   <絵手紙でも、水彩でも、油彩でも、形のとり方は、同じです。梱包方式というのがあります。私が、勝手に名付けたのですが、そうですね、例えば、ヤカンを描いたとします。お湯を沸かす、あれです。
   つまんない例えかもしれませんが、ヤカンは、結構まじめに描くと、難しいです。上に、取っ手がありますし、横っちょに注ぎ口が、あったり、下は、デブッと丸くなっていたりで、単調ではありません。

   それを、梱包したとします。ヒモも掛けましょう。すると、ヤカンの形が、大雑把な形に変わってしまいます。ヤカンの形は、その中にあります。このように、まず、大雑把な形として捉えることを、梱包方式といいます。>

   と、まあこんな具合です。
他にも、丸や三角、四角など、物の形を簡単にして捉える方法があります。教える側が頭を絞った結果でして、いかに簡略化するかが絞り所です。

   私の教室でもデッサンをしている方が何人もおります。なぜデッサンをしているかといえば、デッサンが必要だからやっている人がほとんどです。好きでやっている人は、ほとんどいません。

   では、なぜ必要なのか?

目が、ものの形に付いて行かないからです。油彩を描いていたが、形が取れない。水彩をやっていたが、結局はデッサンの必要性を痛感してしまったとか、形に対する悩み事は少なくありません。

   形が取れない。
これは、絵を習い始めた人の最初の壁であり、最初の悩み事だと思います。
   そこで、形のとり方や形を掴む要領が生まれてくるのですが、では、形そのものに理屈があるでしょうか?
   描く側の形を掴む時の理屈ではなく、形そのものの理屈です。 

この理屈は描く側の理屈をひっくり返した理屈で、言っていることは同じですが、視点が違います。
   ということで、視点を変えた考え方をしてみましょう。そこに形のヒントが隠されているかもしれません。

   まず、6階建てのマンションがあります。地上から真っ直ぐ垂直に建っています。それを正面から見たとしましょう。各階の窓は、横に均等に並んでいて、地面と平行です。ドアも均等に取り付けられています。
   マンションですと、水周りなど各階、同じ位置にある方が合理的なので、窓もドアの位置もタテにまっすぐ並んでいることでしょう。

   これが、マンションの理屈です。設計者の合理的意図と建物の外観上のデザイン的意図とが、形を作り出しています。そして、それが、そのマンションの形の理屈になります。何が言いたいかお分かりでしょうか?
   

   もう一つ例を挙げてみましょう。
皆さん、サザエのつぼ焼きを食べたことがありますか。あのサザエです。
   食べた後のサザエを暇つぶしに眺め回してみましょうか。結構厄介な形をしていますので、これを絵に描いたら、また悩み事が増えそうですね。

   だから、眺めるだけにしてみましょう。大きく開いた口の部分に蓋がしてありました。
   それを、引っ張り出すと、スルスルと内臓などが細く出てきます。余程上手く取り出さないと、途中で切れてしまいます。
   私などは、早く食べたい一心で、いつも途中で切れてしまいます。だから、一番奥にあるものを見たことがありません。
   最後まで、切れずに出てきたら、ものすごく細いものでしょう。

蓋に付いている所は、でっぷりしてます。それが奥にいくにつれ、細くなります。それが、サザエの外壁先端部分の細い所まで、とぐろを巻いて侵入しているのです。

   大きな入り口とは裏腹に、時計回りに回転しながら狭い袋小路へと行き着くのです。
   そして、その先端部分は、入り口に向かって真っ直ぐな芯が入っているように、不思議な中心線を持っているのです。

   もう、お分かりでしょう。何を言いたいのか。
ものの形には、それ自体の理屈があります。ただ見て描くのではなく、その理屈を理解した上で、良く見て描いたとしたら、どうなりますか?
   
   すぐに、描き出さないで、相手の理屈、事情を考えることをしたら、きっと少し違った結果が出ると、私は思います。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/546-4917cb31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)