FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

輪郭線を破壊するとどうなるか? <大人コース 中・上級レベル> ‘09/1/20(火)
   輪郭線を、破壊したのは、言わずと知れたドラクロワである。
18世紀末に生まれたこの画家は、19世紀の1863年に65才で、生涯を閉じるまでに、「ドラクロワの三つの革命」と称される偉業を成した。古典美術と近代美術は、ドラクロワの出現によって、変わるのである。

   その一つが、輪郭線の破壊である。

輪郭線を破壊するとどうなるか?

   皆さん、考えたことはあるか。

古典美術は、輪郭線によって成り立っている。正確な輪郭線を求め、正確に色を乗せていく。それを繋げて、全体を構成する。
   もちろん、全体像があって、その部分の描写の話であるが、これは、どういうことかと言えば、画面は輪郭線の繋がりと、全体としての構成との、言わば、二構成と言うことになる。
   ルネッサンスは、16世紀なので、ダビンチしかり、ミケランジェロしかり、ラファエロしかりということになる。

   彼らの芸術は、二構成の芸術と言うことも出来る。二構成は、それはそれで難しいが、では、輪郭線を破壊すると、どうなるか?

   つまり、輪郭線を破壊すると、多構成と言うことになる。
このこと、お分かりだろうか?
   よく分からない人のために、ここで例を挙げよう。

ここに透明なゴム風船があるとしよう。
   いくつもある。これに、絵具が入っていたとする。赤だったり、黄色だったり、風船一つに一色づつ入っている。透明なゴム風船なので、中の色がそのまま透けて見える。

   この風船を並べて絵にしたとする。巨大な絵が出来そうであるが、あくまでも、例えなので各人の想像力に任せる。
   この場合の透明なゴム風船が、輪郭線に当たる。中の色は、輪郭線によって守られている。これが、ここで言う二構成。   
   中の色を、一構成と数え、風船全体の組み合わせが、一構成で、二構成となる。
   二構成の特徴は、各部分ごとに分解できることである。部分が全体を形作っている。
   つまり、輪郭線によってモザイクのように切り分けられているのである。

さて、ここでゴム風船を針で、割ってみよう。どうなるか?

   一つ一つ綺麗に割ったとする。大変なことになることは、想像できよう。全ての色が隣の色と混ざるのである。混ざった色がどうなるかは、ここでは置いといて、少なくとも全体の組み合わせは、ガラリと変わってしまう。

   絵とするためには、構成し直しであろう。
この場合、ハッキリとした部分がないため、曖昧な境界線で全体を作り上げないとならない。そのため、より複雑で、より感覚的な作業になる。
   これが、多構成である。

話が飛ぶが、子供の絵は、小学生未満だと多構成なことが多い。小学上級生になればなるほど、二構成に拍車が掛かる。これは、単に輪郭線が描ける描けないということであるが、これが、大人であると、初心者が二構成、経験を積んで多構成になっていく。

   なんとなく、お分かりいただけたと思うが、二構成の進歩形が多構成であることは、美術史上明らかであるが、これも、好みの問題で、輪郭線に拘る人もあり、崩すことに面白さを見出す人もありで、人様々である。

   ただ言えることは、常に輪郭線を描くことをしている者は、一度、それを取っ払ってみてほしい。多構成の面白さは確かにある。それを経験してみるのも、また勉強である。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/538-25b46bab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)