FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

絵画教室に宿題は、なぜないか? <キッズコース> ‘09/1/15(木)
   絵画教室に宿題はない。はずである。私の知る限りではない。
では、なぜないか?

   絵を習いたくても、近くに教室がなく、仕方なく通信教育に頼る子供もいるかもしれない。そういう場合は、宿題があっても仕方ないであろう。
   しかし、通常、教室にて授業を受ける子にとっては、宿題はない。

理由は簡単である。子供教室で、絵を習うこととは、皆と一緒の作業という意味がある。皆と一緒に作業し、騒ぎ、その中で学んでいく。

   また、宿題を出して、やってこない子をどう扱えばいいか、難しい問題もある。
宿題は、必要があるから出すのであるが、では、やってこない子に、バツを与えるとか、その日は居残りさせるとか、やってみたところで何になるであろう。

   少なくとも、子供の絵の教室のすることではない。

このような話をするのにも、訳がある。
   見学に来た親御さんに、宿題はありますかと、聞かれたことがある。この時、私は結構驚いたのである。「いいえ、ありませんよ」とだけ、答えた。

   また、ある時には、教室に通う小学3年生の女の子が、「この教室は、宿題がないから、いいよね」と言っていた。

   なぜ、絵の教室に宿題がないか、一度も説明したことがないので、ここで説明しているのである。
   出来れば皆と作業することが望ましいのは、言うまでもない。

教育とは本来、人と自分を比較することで、成り立っている。先生と自分、A君と自分、Bちゃんと自分と言うように、その比較が成長を促していることに、異論はないであろう。

   絵の教育の場合、その比較は作業中に行われる。塾の勉強のような、暗記するとか、理解するとかではなく、もっと淡く、すぐ消えてしまうような感覚的なものである。
   そして、その感覚的な比較を繰り返すことによって、成長していくと考えれば良いと思う。

   皆と一緒に、描いている時、工作している時こそが、重要なのである。一見、無駄話をしながら絵を描いていることがあるが、そういった無駄話が、アイデアを引っ張り出す引き金になることは、よくある話である。
   
   制作は、予定出来ないものである。子供たちの絵も同じ。
白紙を埋める作業を、始めから予定しても、変更に次ぐ変更になっていくことは、容易に想像できよう。
   そして、その変更は、他の者によってなされることは、よくある。つまり、隣の子が、「そこは赤く塗ったら」と言ったために、「あー、そうだね」と言って、変更する。隣の子が、アイデアをくれたのである。

   または逆に、「どうして、そこの所、塗らないの?」と聞くと、「いいのいいの、ここは塗らないの」と答える。「エッ!どうして?」と聞き返すと、「どうしても」と答える。
   自己主張である。思うことがあって、塗り残す。

そうやって、時には人と和し、時には自己表現する。
   これらを、一つのテーブルを囲んだ中で、お互いに共鳴しながら刺激し合う。

もう、お分かりだろう。ここに、宿題の必要性はないのである。
   本当は、見学に来て宿題のことを質問した、その親御さんに、説明してあげれば良いのであろうが、中々、限られた時間内では、それも難しい。
   ましてや、子供たちに宿題のない理由を説明してもしょうがない。

というわけで、子供の絵の教室では、宿題はありません。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/533-c3771365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)