FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

「○から×への遠い道のり」(発想)-3/3 <研究所レベル>      <研究所レベル>

  (つづき)ロボットに絵を描かせれば、一目瞭然である。ロボットは予定を変えない。ひらめかないからである。描き出して、塗って、塗り終えて、完成。二作目も同じである。どんなに小さいひらめきもないし、変更もない。


  しかし、人間が描くと、全く逆。当初の予定を必ず変える。イメージと違うと言っては変え、色が変だと言っては変え、形がどうの、構図がどうの、変更だらけである。その度に選択して変更する。その変更先はひらめきによって変更される。


  もし、ひらめかなければ、それ以上描けないはずである。なんとなく選択することもありそうだが、なんとなくを、続ける方が数段難しい。ひらめいてしまうからである。「こうやって、みよう」と思ったら、もう、ひらめいていることになる。


  ×は意識したら、まず出てこない。なぜか、無意識下から突然浮上してくるのが、発想ということになりそうだ。したがって、わざとらしいのは禁物。状況を作り、さてと、と待ってはいけない。もう、お分かりだろうが、意識的な無意識は存在しない。無意識とは無意識の中にのみ、存在する。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/53-b5b640be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)