FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

訳の分からない発想 <研究所レベル> ‘08/12/10(水)
   これは、発想訓練のことだと思ってもらっても構わない。
発想力の定期健診みたいに考えると、分かりやすいか。

   人の発想力には、大小がある。また、コンデイションによっても異なる。

発想と言うものは、生き物である。その時の状態・状況に支配されやすい。決して調子が良いわけではないが、良いアイデアが浮かぶことがある。またはその逆。

   どういう状況だと良いアイデアが浮かびやすいかは、個々人で違いが出るが、大物狙いだと、ほとんど要領はないといって良い。

   ところが、普段の生活の中では、発想も小じんまりしやすい。大きな発想は、日常生活では、不要なので、自然に小さな発想で間に合ってしまう。
   これを、繰り返していると、いざという時に、大物狙いを試みても、そう簡単にはいかない。

   頭の中が、大物用になっていないのである。大物用では、すでに、なくなっていると言う方が正しいか。
   
   このため、普段より頭の中の、定期健診を試みる必要がある。

やり方は、簡単である。縮まった体を伸ばすように、いわば屈伸運動をするのである。
   発想の出口が小さくなっていると、大きなものは出られない。だから、出口を柔軟にして、大きなものも出やすくしてあげるというイメージである。

   ありえないこと、無茶こと、冗談みたいなこと、何でも良い。
柔軟体操なので、非日常的なこと、もしくは、非現実的なことを思い描くことが効果的である。

   例えば、渋谷の駅前のスクランブル交差点で、歩行者青信号で人が行き来している情景だとしよう。
   上から見ると、横断歩道を十字に人が行き交うことになる。

当然、前から来る人、横から来る人を避けながら、前進するのであるが、もし、人の中をすり抜けることが出来るとしたら、どうなるか。
   横断歩道の真ん中で、集中しそのまま分散することになる。真直ぐ進んで混ざり、また真直ぐ進む。

   SF映画みたいな話である。

また、例えば、キャンバスに油絵を塗りたくる。そのまま立て掛けた壁に続きを描き、そのままドアの外へと続く。廊下に描き、天井に描き、家中を描きまくる。
   最後にキャンバスをどかすと、そこだけ白く残る。それが作品とか。

勉強机のテーブルに、無数の鉛筆や消しゴムが刺さっているとか、自転車のタイヤが前輪後輪とも棒状であるとか、空一面に花が咲いているとか、・・・・

   バカバカしいことで良い。普通でないことを考える。

頭の、屈伸運動、柔軟体操とはそんなものである。そうやって、頭の中を柔軟にしておけば、いつかとてつもないことが、浮かぶかもしれない。してなければ、絶対と言えるほど、浮かぶものではない。
   絵の世界に日常的な常識はいらない。発想そのものの正体が分からない以上、どんな手も有効である。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/517-b85cbb4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)