fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

コラージュの面白さ <高齢者のための絵画指導(入門編)> ‘08/12/5(金)
   さて、コラージュという言葉があります。ご存知の方も多いのではと思いますが、フランス語で、「糊付け」を意味します。

   最近では、写真や絵を切り取って張り合わせたものを意味しますが、制作が簡単なのと、組み合わせ方によっては、思いもよらない視覚的効果が期待できることで、人気があります。
   絵をあまり描けない人でも、気軽にできることが、いいのでしょう。

今回は、このコラージュのご紹介です。
   用意するものは、まず糊ですが、ヤマト糊だと乾燥した後、貼り付けた写真や絵がシナってしまいます。そのため、ペーパーボンド・ペーパーセメント、もしくは、スプレーのりなどの乾燥後も、シナらない接着剤がありますので、出来ればその方をお勧めします。

   次は、台紙にする紙です。これは、少し厚手がいいでしょう。これに貼り付けていきますので、ボール紙などが最適です。

   そして、最後が写真や絵です。
これが、用意するものの中で一番肝心なものです。写真は、古雑誌や不要になった通販のカタログ・去年のカレンダーの写真とか、探せば結構あるものです。

   普段は、気にもしないこれらの写真群は、コラージュをやり出すと、一変して宝の山と化すのです。 面白いことですね。
   有効利用というより、不要なものが、コラージュをキッカケに、なくてはならないものに、変わってしまうのです。
   慣れてきたら、古本・古雑誌集めに出掛ける手もあります。古本屋さんに行けば、安い値段で山のようにあります。そこから、使えそうなものを選ぶのも楽しそうですね。

   絵も材料として使えますが、それは、描いた絵で失敗したものなどが、使えます。
   また、コラージュに合わせて絵を描いてもいいのです。絵が苦手な方は、とりあえず写真だけの組み合わせにしましょう。

   方法は、いたって簡単。写真や絵を切って、張り合わせるだけ。
それだけです。

   この、簡単な制作のポイントは、想像力とセンスです。
想像力は、創造力とも言えます。極めて簡単な作業ですので、すぐに作ることが出来るため、短い時間に何枚も作ることが出来ます。

   簡単だからと言って、軽んじてはいけません。このコラージュの世界的名作もあります。
   問題は、どういう組み合わせ方をするかです。
私も、一時期懲りまして、随分と作りました。面白かったです。

   どうでしょうか?「コラージュの面白さ」。一度お試し下さい。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/512-4931d2d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)