FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

橋崎弘昭氏 <エピソード> ‘08/11/29(土)
   わが、教室スタッフに橋崎先生がいる。特別教室のパステルの先生である。

普段は、橋崎君と呼んでいるので、ここでは、普段通り橋崎君と呼ぼう。話を進める上で都合が良いので。

   橋崎君は、私の一番弟子である。
彼と初めてあったのは、池袋のデザイン学校で私が教えていた頃であるので、かれこれ17年も前になる。
   彼は、29才で外資系の会社に勤めていた。

それまで、絵を描くチャンスに恵まれず、30才を前にしてラストチャンスと思って、やって来たと、本人が言っていたのを思い出す。たまたま、面接をしたのが、私であった。
   橋崎君は、生徒の中で年齢も高かったせいもあり、他の生徒に付き合うより、私や、私の仲間に付き合って酒を飲むことが多かった。

   私も橋崎君も他の絵の仲間と、何回教室に泊まったか数えられない。電車が無くなって帰れないのである。
   翌日仕事のある者は、教室から出勤して行った。彼にとっても私にとっても懐かしい思い出である。
   
   彼は、初めイラスト科に所属していたが、一年もしないうちにファインアート科に転向してしまった。私たちの画家仲間の影響をモロ受けていたのである。

   その後、私がその学校を辞めることになった時、彼もしばらくして辞め、私の弟子となった。
   当時、彼を教えたくても場所がなかった。それで、私の師である映周先生と私の妹がやっていた武蔵野市の「アトリエオアシス」に彼を紹介し、映周先生にデッサンの指導をもう一度最初からお願いした。

   彼は、いきなりビーナスの木炭デッサンを描く羽目になった。映周先生は、デッサンと言えば、ビーナスしか知らないかのようである。
   こうして、橋崎君は、最難関のビーナスだけを、その後長く描くことになった。

最初のうちは、映周先生がドンドン直すので、彼も、何をどう描いたらいいか分からず、泣きが入っていたのが、可笑しかった。
   30代前半の橋崎君は、結婚して横浜に住んでいたので、仕事場・武蔵境・横浜の往復を毎週3年間続けた。その間、月に一度の裸婦クローキーもこなした。

   3年経った時、映周先生から電話があり、「もうそろそろ、良いと思うのだが、どう?」と言ってきた。
   こうして、彼は、基礎を終了した。映周先生に直接指導を受けたのは、私と私の妹と橋崎君しかいない。映周先生も80才になったので、この3人だけとなるであろう。

   当時、私は杉並区の阿佐ヶ谷に住んでいた。阿佐ヶ谷駅近くに杉並区の公民館があり、そこの工芸室で、毎週私と橋崎君が絵を描こうということになった。
   すると彼は、どうせ借りるんなら、そこで生徒さんを集めて教室を開いたらどうかと、言い出した。
   アート21杉並教室の始まりである。

今でも、映周先生に会うと、「橋崎君はどうしてる?」と聞く事がある。
先生にとっては、孫弟子にあたるが、やはり、かわいいのかなと思ったりする。

   彼を称して、ブルトーザーと映周先生に言ったことがある。決して早く走らないが、止まることなく、ゆっくり着実に前に進むという意味である。
   
   映周先生が言っていた、「よくもまあ、遠いところから、3年間も通ったもんだよなあー。途中で来なくなると思ったけどね。中々出来ることじゃないぞ」

   先生は、そう感嘆した。
橋崎君は、自らの行動で、その絵に対する情熱を証明して見せた。

   今も、ブルトーザーは、ゆっくり前に進んでいる。
17年前に初めて会ったその日から、一度も絶えることなく、燃やし続けた情熱は、深い愛情とともに今もある。

   それが、彼のペースなのである。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/506-3227b01d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)